みずほ銀行カードローンでお金を借りるには?

メガバンクが提供するカードローンの内の一つに、「みずほ銀行カードローン」があります。

メガバンクが提供しているだけあって、安心感がありますよね。


とはいえ、みずほ銀行カードローンに申し込むなら、その内容について事前に知っておくべきです。

今回は、みずほ銀行カードローンの基本情報や、そのメリットとデメリットを紹介します


みずほ銀行カードローンの基本情報

みずほ銀行カードローン

借入条件

みずほ銀行カードローンの借入条件は、以下の通りです。

金利(年率) 最大の契約額 WEB完結取引
2.0%~14.0% 800万円 一部対応

上限金利は14.0%と、大手の銀行カードローンの中で最も低い水準の金利です。


みずほ銀行カードローンでは、申し込みから借入まで来店不要で取引できます

ただし契約完了後に自宅への郵送があるため、完全WEB完結には対応していません。


なお、みずほ銀行のネットバンキング(サービス)である「みずほダイレクト」に加入していると、さらに便利な借入ができます。

この点は、後ほど詳しく説明します。

<関連記事>:【利用者が投稿】みずほ銀行カードローンの借り入れの口コミ一覧

みずほ銀行の口座を持っている方は、気軽に申し込みを行えます

申込条件

みずほ銀行カードローンの申込みでは、以下の4つの条件を全て満たす必要があります。

みずほ銀行カードローンの申込み条件
  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • みずほ銀行の普通預金口座を持っている方


このカードローンを利用できるのは、みずほ銀行の口座を持っている人に限ります

持っていない人はカードローンを申込む際に、口座開設の申し込みも同時に行う必要があります


口座開設の方法にもよりますが、開設には1週間~2週間ほどの時間が掛かります。

みずほ銀行カードローンの金利

契約額 基準金利(年率)
10万円以上100万円未満 14.00%
100万円以上200万円未満 12.00%
200万円以上300万円未満 9.00%
300万円以上400万円未満 7.00%
400万円以上500万円未満 6.00%
500万円以上600万円未満 6.00%
600万円以上800万円未満 4.50%
800万円以上 2.00%

みずほ銀行カードローンも契約額が大きいほど、適用金利は低くなります

そのため「契約額を大きくして、低い金利で借りよう」と思う方も、いるかもしれません。


ですが初回借入の場合、契約額は少額になるケースが多く、上限金利に近い金利が適用されます。

大きな契約額で借入できるのは、銀行と長期間の借入取引をして信用力がついた人か、相当な高年収の人に限ります。


初めて借入する方は、まず上限金利での借入からと思って下さい。

またみずほ銀行の住宅ローンを利用している場合、金利は基準金利から0.5%引き下げられます。


この点は後ほど、詳しく説明します。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを解説!利息の計算方法は?

取引を何度かする内に、銀行カードローン側が条件付きで金利を引き下げてくれる場合もあります

ローンカードについて

みずほ銀行カードローンでは提携ATMで借入をする場合、ローンカードを使用します。

ローンカードは、みずほ銀行の「キャッシュカード併用型」と「カードローン専用型」の2タイプあります。


キャッシュカード併用型だと、現在使っているキャッシュカードをローンカードとして使います。

カードローン専用型では、契約完了後に郵送で送られて来る専用のローンカードを使います。

自動貸越機能とスイングサービス

みずほ銀行カードローンは、(カードローンでは珍しい)自動の融資サービスを導入しています。

それが、「自動貸越機能」と「スイングサービス」です。

サービス名 機能 キャッシュカード併用型に対応 ローンカード併用型に対応
自動貸越機能 預金口座からの引き出し残高不足時に、不足分が入金される ×
スイングサービス (自動融資サービス) 口座振替(=自動引き落とし)により預金口座の残高不足時に、不足分が入金される 申込で追加 申込で追加
スイングサービス (自動振替サービス) カードローンの借入残高を超える返済があった場合、超過分は預金口座に返金(=入金)される 申込で追加

「自動貸越機能」とは預金口座からの引き出し残高が不足した場合、カードローンの借入枠に余力があれば、不足分が入金される機能のことです。

キャッシュカード併用型の場合のみ、この機能を利用出来ます。


また「スイングサービス」の機能には、「自動融資サービス」と「自動振替サービス」の2つがあります。

自動融資サービスでは、口座振替(=自動引き落とし)により預金口座の残高が不足した場合、カードローンの借入枠に余力があれば、不足分が入金されます。


キャッシュカード併用型も専用ローンカードも、希望すればこのサービスを利用出来ます。

自動振替サービスでは、カードローンの借入残高を超える返済があった場合、超過分は預金口座に返金(=入金)されます。


キャッシュカード併用型だと既に自動振替サービスが付いていますが、ローンカード専用型には付いていません。

ローンカード専用型で自動振替サービスの利用を希望する場合は、申込が必要です。

こうしたサービスの利用で支払遅れは防げますが、その分借り過ぎのリスクも伴います



みずほ銀行カードローンの申込・借入・返済方法

ここまでみずほ銀行カードローンの基本情報について、説明しました。

以下では申込・借入・返済方法を、具体的に説明します。

申込に必要な書類

申込みでは、以下必要書類を提出します。


<本人確認書類のコピー>
本人確認書類としては、以下のいずれか1点のコピーを必ず用意して下さい。

いずれか1点の本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート(写真およびご住所のページ)
  • 発行から3ヶ月以内の印鑑証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 発行から3ヶ月以内の住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書



<収入証明書のコピー>
収入証明書は、希望の契約額が50万円を上回る場合のみ必要です。

収入証明書では、以下3点の内のいずれかのコピーを提出します。

いずれか1点の収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書または課税証明書


申込みの前に書類を用意しておけば、手続きもスムーズに行えるでしょう。

<関連記事>:収入証明書不要のカードローンを選ぶなら?

50万円以下の借入では、収入証明書の提出は原則必要ありませんが、担当者から要望があれば提出する必要があります

申込方法

みずほ銀行カードローンの申し込みは、以下の5つの方法から行えます。

  • パソコン
  • スマホ
  • 郵送
  • 電話
  • 店舗

この中で、最も便利な申し込み方法はパソコン・スマホです。


パソコン・スマホなら24時間、申し込みを受け付けています。

パソコン・スマホから申し込む場合の、借入までの流れは以下の通りです。

みずほ銀行カードローンの借入までの流れ(ネットの場合)
  • 「みずほ銀行口座をお持ちの方」か「みずほ銀行口座をお持ちでない方」のボタンをクリック
  • 申し込みフォームを入力
  • 審査
  • 審査結果の連絡
  • 審査完了後、各種お手続き
  • 契約完了・書類の送付


申し込みの際には、まず「みずほ銀行口座をお持ちの方」か「みずほ銀行口座をお持ちでない方」のボタンを選択します。

みずほ銀行口座をお持ちの方を選択すると、キャッシュカードにローンカードの機能が追加される「キャッシュカード兼用型」での借入になります。


キャッシュカード兼用型の場合、契約完了後すぐにキャッシュカードがローンカードとしても使えます。

また契約完了後には、自宅へ契約書類が送られてきます。


一方でみずほ銀行口座をお持ちでない方を選択すると、契約完了後に専用のローンカード(=「カードローン専用型」)と契約書類が郵送で送られてきます

この郵送が来るまで1~2週間程、待つ必要があります。


来店不要で申し込み出来ても、郵送の手続きがあるので借入までに時間が掛かります。

借入方法

借入方法は「みずほダイレクト」(=みずほ銀行のネットバンキング)に加入しているかで大きく異なります

ここでは借入方法を、場合別に分けて紹介します。

<みずほダイレクトに加入してる場合>
みずほダイレクト加入者の場合、ネットや電話から口座への振込や、提携ATMからの借入が可能です。

ネットや電話からの借入は、みずほダイレクトの利用で24時間いつでも行えます。

提携ATMでの借入は、ローンカードを使って行います。


<みずほダイレクトに加入してない場合>
みずほダイレクトに未加入の場合、借入はローンカードを使って、提携ATMで引き出すのみになります。

利用できる時間帯は長いとはいえ、わざわざ店舗やコンビニに行く必要があり、かなり不便です。

ここでいう提携ATMとは、みずほ銀行やゆうちょ銀行のATMや、コンビニにあるネット銀行ATMのことです

返済方法

みずほ銀行カードローンの毎月の返済方法は、自動引き落としのみになります

自動引き落としは前月の10日の利用残高に応じて、毎月10日の夜間に行われます。


一方で繰り上げ返済なら提携ATMでの返済や、ネットや電話での振込による返済(こちらは、みずほダイレクト利用者のみ)も可能です。

特にみずほダイレクトを利用すれば、24時間いつでもネット(スマホ)から繰り上げ返済できます。


お金に余裕のある月は繰り上げ返済で、将来かかるはずだった利息を減らすことをオススメします。

ただし全額(一括)返済の場合は、みずほ銀行の店舗にて手続きが必要です。

返済額はどうやって決まる?

月々の返済額は前月10日の借入残高を元に、決定します

借入残高が10万円以下の場合、返済額は2千円です。


10万円を上回ると、借入が10万円増すごとに2千円が加算されていきます。

なお契約額が200万円を超えた場合は、残高が20万円増すごとに2千円の加算になります。

<関連記事>:30万・50万円のお金を借りたら利息はいくら?

契約額が一定以上大きいと、月々の返済額は少なくなります



みずほ銀行カードローンのメリットは?詳しく解説!

ここまで、みずほ銀行カードローンのスペックを詳しく説明しました。

ではみずほ銀行カードローンには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

1. 他社に比べて、上限金利が低い

みずほ銀行カードローンのメリットの一つは、他社と比べて上限金利が低い点です。

先ほども述べた通り、初回借入では契約額が少額になりやすく、上限金利が適用される可能性が高いです。


表から分かる通り、みずほ銀行の上限金利は大手銀行の中でも一番低い金利です。

少しでも低い金利で借入をしたい方には、みずほ銀行カードローンがオススメです。

<関連記事>:【低金利で選ぶ】カードローン上位15社を比較!

ただし低い金利で借りても借入期間が長ければ、その分利息も多く支払う必要があります

2.住宅ローン利用者は、金利を0.5%引き下げ

みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合、優遇措置としてカードローンの金利は0.5%引き下げられます

0.5%の引き下げで、利息の支払いは多少減ります。


たとえば引き下げ前の金利(14.0%)で50万円の借入を1ヶ月した場合、利息は5,753円になります。

引き下げ後の金利(13.5%)だと、5,547円になります。


1ヶ月間の借入だと少ない利息の差ですが、借入期間が長いほどこの差は開いていきます。

誰でも使える仕組みではありませんが、少しでも金利が低くなるのは嬉しいですね。

3.自動融資サービスで返済遅れを防げる

カードローンの利用で気を付けるべき点は、返済遅れです。

みずほ銀行カードローンの返済方法は自動引き落とし(口座振替)のみなので、返済日に口座に残高がないと返済遅れと認識されます


ですが自動融資サービスを利用すれば、預金口座に残高が無くても返済遅れが防げます

というのも引き落としの不足分が、自動的に借入枠から融資されるためです。


ただし自動融資サービスの利用にあたっては、注意点が2点あります。

まず自動融資サービスを利用するには、みずほ銀行に希望を出す必要があります。


また融資が行われるのは、借入枠に余力がある場合のみです。

<関連記事>:借金返済ができない場合、どこに相談すれば良い?

2~3か月以上にわたり返済が遅れると、「延滞」として事故情報に登録されてしまいます



みずほ銀行カードローンのデメリットは?詳しく解説!

1.借入まで時間がかかる

銀行カードローンでは審査に時間が掛かるため、即日融資に対応していません

なのでみずほ銀行での借入は、早くても翌営業日以降になります。


更に、みずほ銀行の口座を持っていない場合、実際に借入できるまでに2週間ほど掛かるでしょう。

早めの借入(特に即日融資)を希望する方は、即日融資に対応している消費者金融を利用しましょう。

<関連記事>:即日融資におすすめのカードローンは?

みずほ銀行の口座を持っている方なら、早ければ2日で借入できる可能性もあります

2.口座開設が必要

先ほども述べた通り、みずほ銀行カードローンを利用するためにはみずほ銀行の口座が必須です。

申し込みの時点で口座を持っていない人は、同時に口座開設の申し込みも必要です。


口座開設の申し込みは、アプリ・ネット(パソコン・スマホ)・店頭から行えます。

口座開設の方法にもよりますが、開設までは1週間から2週間ほど掛かります。


アプリやネットからの申し込みですと、口座開設後に自宅に通帳が郵送されます。

この郵送は「本人受け取り限定」・「転送不要」となるので、ご注意ください。

<関連記事>:銀行カードローンのデメリット(危険性)とは?

3.返済方法が自動引き落とし(口座振替)のみ

返済方法が自動引き落としのみの点も、みずほ銀行カードローンのデメリットの一つです。

返済方法の選択肢が限られていると、融通が利きません。


先ほども述べた通り自動引き落としは、前月の借入残高に応じて毎月10日に行われます。

返済遅れを防ぐためにも、返済日までに返済額以上の金額を口座に用意しておきましょう。


もしくは不足分を自動で融資してくれる、スイングサービス(自動融資サービス)に加入しておくと良いでしょう。

スイングサービスの利用を希望する方は、申込が必要です

4.借入方法が不便

みずほ銀行カードローンでは借入方法が限られており、自分の都合にあった借入が難しいです。

というのも、みずほダイレクトを利用していない場合、借入は提携ATMからの引き出しのみになるからです。


ネット(スマホ)を使って振込で借入を希望する場合、(ネットバンキングの)みずほダイレクトに加入する必要があります。

普段からみずほ銀行の口座をメインで使っている人なら、みずほダイレクトに加入しても良いでしょう。


ですがみずほ銀行でカードローンのみを利用している場合、新しく加入するのは少し面倒くさいです。

銀行カードローンはこうした点で、借入方法が充実している消費者金融に劣ります



以上、みずほ銀行カードローンの基本情報を説明し、メリット・デメリットを解説しました。

低い金利で借入をしたい方は、みずほ銀行カードローンを利用しても良いかもしれません。


とはいえ低い金利だと安心して、借り過ぎないようにしましょう。


この記事のまとめ
  • みずほ銀行カードローンの金利は年率2.0%~14.0%で、最大の借入額は800万円
  • 申込条件は安定かつ継続した収入が見込めて、みずほ銀行の普通預金口座を持っている人
  • みずほ銀行の口座を持っている場合はキャッシュカード併用型のローンカード、持っていない場合はカードローン専用型で借入をする
  • 自動融資サービスや自動貸越機能で、支払い遅れを防げる
  • メリットは他社に比べて上限金利が低い点で、デメリットは返済方法が自動引き落としのみの点


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む


検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。