【利用者が投稿】J.Score(ジェイスコア)借り入れの口コミ一覧

評価
3.45 クチコミ件数9

ここではJ.Score(ジェイスコア)を実際に使ってみた、利用者の感想・口コミを紹介します。

なお、J.Scoreへの申し込みの注意点については、下記をご覧ください
J.Score(ジェイスコア)の申込方法や即日融資の条件

みんなのクチコミ (9件)

質問が少しめんどくさいが、審査が簡単

評価  4.00
性別 女性 年齢 29歳 借入金額 45万円
借入開始 2019年7月 借入までの時間  1日 0時間

ネットの広告で出てきたので気になってアクセスしました。聞いた事なかった会社ですが、調べてみると評判が良かったことと、みずほ銀行やヤフーと提携しているという安心感があったので、自分のスコアを調べたくてまず登録しました。


AIでのスコアレンディングをして、そこで出た点数で借入出来る金額や利子が決まるみたいです。沢山の質問に答えるのですが、会社の事やお金の事以外にもライフスタイルなどの質問があるのでビックリしました。


借りるか借りないかは決めておらず、もし金利が低かったら自己投資でプログラミングセミナーとパーソナルジムに行こうという気軽な感じで質問に対する返答を入力していきました。


その結果、出たスコアが平均よりも高かったので金利が10%以下でした。思ったよりも安かったので借りることに!その日はもう夕方だったので振り込めないということで、翌日に振り込まれました。


私は1日かかってしまいましたが、午前中の申し込みなら当日中に借りれると思います。アプリで返済日や金額が見れたり、限度額を上げたりも出来るので便利です。


金利も都度変わるみたいで、ヤフーIDと紐づけると更に安くなりました。継続的に使っていきたいです。


審査から振込までネットで完了し、便利でした

評価  4.00
性別 男性 年齢 31歳 借入金額 100万円
借入開始 2019年2月 借入までの時間  2時間

これまでにもいくつか借入経験(完済済み)があった私は、新しくできたJscoreを利用して30万円の借入を行いました。個人情報や収支状況を入力すると1000点満点でのスコア制で借入の可否を判断する仕組みでした。


私の場合は足切りの600点を超える723点だったため、借入できたのだと思います。すべての入力作業から振込までがネットで完結できたこともあり、スムーズに取引できたのが良かったです。


強いて言うなら、スコアを上げるための質問回答が100個以上あるため、少し面倒だなとは感じました。


すべての入力作業を終えて審査結果が出るのですが、2時間ほどで振込が完了したため、かなり早いほうだと思います。


銀行カードローンや自動車ローンよりオススメ

評価  5.00
性別 女性 年齢 35歳 借入金額 200万円
借入開始 2019年6月 借入までの時間  1日 0時間

Jスコアの審査は、AIにてスコアレンディングを行い、点数にて貸出可能額をきめるという非常に特殊な申込方法でした。


みずほ銀行、ヤフーIDとの連動やライフスタイル、年収や勤務内容について回答をすることで点数がどんどん上がる仕組みで、貸出可能額が上がり・金利が下がるという与信です。


そのため今まで借りれなかった人が借りれたり、他社で高属性と判断された人が点数が算出されず、審査落ちということもしばしばあると聞きました。


実際にすべてを入力した結果、900点限度額220万、金利4.8%という好条件にて契約を締結しました。


正直、下手な銀行カードローンや車購入の際のオートローン等を申込するならばぜひこちらを利用した方がよいと思います。


質問数が多く、融資まで時間がかかる

評価  2.00
性別 男性 年齢 32歳 借入金額 15万円
借入開始 2018年12月 借入までの時間  3日 0時間

まず、JScoreのスコアアップにかかる時間がとても長いように感じました。最初の条件では審査を通過できる状況ではなかったため、様々な質問に答えていました。しかし、質問の数が多く、申し込むまでに3日ほどかかってしまうのは残念なところでした。


借入は振込だけで、カードを利用してATMで借りる方法がありません。私が利用した頃は24時間の振込に対応していない磁気だったため、即日で借りるまでの時間はかなり短くなっていました。


14時までに手続きしないと借りられない状況は不便で、翌営業日まで借りられない時がありました。


返済は口座引き落としを採用していたため特に問題はなかったですし、金利も低いので利息の負担が軽くなったのは良かったと思います。JScoreで唯一いいと思ったのは金利面での優遇が受けられるところくらいかなと感じています。


画期的なシステムを採用して金利を下げているのはいいものの、審査にかかる時間や借入の方法が少ないためとても使いづらい会社だという印象が強く残りました。


消費者金融のイメージとはかけ離れた会社

評価  5.00
性別 男性 年齢 38歳 借入金額 120万円
借入開始 2019年2月 借入までの時間  1日 0時間

Yahooとみずほ銀行がバックに位置する会社なので、まずその点が信頼感や安心感という点で大きいポイントです。


私はスマートフォンのみで契約致しましたが、申込画面から必要書類の提出方法もシンプルで、アンケート感覚で自分の事について答えていく点も今までに無い契約方式といえます。


その内容により利用限度額や利率等が決定する為、回答はじっくり考えて正しい内容を回答する必要があります。


定期的に回答した内容等に変更が生じた際もチェックすることで融資限度額が変動する事もあるようです。こまめに登録内容の見直し等は欠かせないと思いました。


実際の融資方法については、口座宛への希望額の振込が基本となります。返済についても口座引落で引き落とされるのは他社と同じですが、繰上返済の場合振込のみでの受付となり、街のATM等からの直接入金が出来ない点がややネックだと思いました。


J-Score自体は消費者金融のイメージとは180度異なったサイトの為、借金をしているという気持ちの面でのマイナス感も少なく感じる所も魅力です。


質問がかなり細かく、面倒だと感じた

評価  4.00
性別 女性 年齢 49歳 借入金額 20万円
借入開始 2018年11月 借入までの時間  40日 0時間

Jscoreは今までの銀行等などのカードローンと違いAIが判断するシステムと見てびっくりしました。


AIを活用した日本初の新しいサービスと書かれていたので、さっそく応募をして見ようと登録ページに進みました。他の消費者金融と違い600点という点数を超えないとお金を融資してもらえないです。


審査ではプロフィールや生活習慣、性格診断、お金の使い方など多くの質問がありました。質問が終わり点数が出るのかと思いきや、みずほ銀行と連携をしてないとシステムを継続が出来ないことが分かり、みずほ銀行に新開設をしました。


開設が終わりみずほ銀行の口座等を入力して終わりかと思ったら、みずほ銀行を開設してから1ヶ月しないと連携にならないという話をされ、みずほ銀行やJscoreさんとのやりとりが多く面倒でした。


みずほ銀行さんとの連携前の点数が586点でしたので600点を過ぎないと融資は不可能なのですぐに借りたい人には面倒です。

1ヶ月過ぎても連携されていなかったので、みずほ銀行やJscoreさんに電話で問い合わせをすると「こちらでは・・・」とお互いに同じことをいうので堂々巡りで面倒だし意味が分からない状態でした。


融資を諦めて、しばらくしたらJscoreさんから新しく「AIスコア・リワード」の日本初の取引が出来ることになりましたと何度も送られてくるので、再度融資に申し込みをしてしまったら625点と点数がでてお金を借りることにが出来ました。


無事借りることは出来ましたが、確かに普通のクレジット会社のような免許証とかの提出とかなく、AIの判断で600点を過ぎたらば融資の条件が整うのは有難いですが質問がかなり細かく、分からないことを聞いてもJscoreさんからは質問の答えが貰えなくなんだか不自然なやりとりに印象を受けました。


金利9.5%で借りられました

評価  4.00
性別 女性 年齢 31歳 借入金額 50万円
借入開始 2019年1月 借入までの時間  1日 0時間

私は体つきがふくよかで、どうしてもダイエットがしたいと思っていました。パーソナルジムで「分割払いできる」と言われて提示された金額は、思っていた金額よりも高かったのです。


そこで、同じように借り入れをしてパーソナルジムに通うなら、もっと金利が安いところがいいなと考えました。J.ScoreはAIが信用力を判断してくれるため、審査にあたり人件費がかかりません。


人の信用力を、さまざまなアンケートに答えて判断してくれるというものですが、将来の可能性も加味したスコアが算出されるのが特徴。単純に信用情報の借り入れのスコアだけを見ているわけではなさそうだったので、面白そうだと思いました。


実際の私のスコアは850点。結構高いなと思いました。スコアによって借り入れ利率が変わるようでした。また、みずほ銀行の銀行口座やソフトバンクの携帯電話と連携すると借り入れ利率が優遇されるそうでした。


私はみずほ銀行の口座やソフトバンクの携帯電話を持っていなかったので、連携できませんでしたが、持っている人は連携してもよいかもしれません。


パーソナルジムでの借り入れ利率14.0%に対して(パーソナルジムで提供している借り入れプランです)、J.Scoreから提示された利率は9.5%で、かなりの差に驚きました。


借入利率が違えば、将来の返済金額も異なります。完済まで長ければ長いほど精神的にきつくなりそうでしたから、J.Scoreを活用することに。


審査完了後、スピーディーに口座にお金が入金されたので、安心でした。完済したあと、また自己投資で利用したいと思った時にはJ.Scoreを活用したいと思います。


AIスコアに興味があり、借りました

評価  4.00
性別 男性 年齢 29歳 借入金額 100万円
借入開始 2018年3月 借入までの時間  1日 0時間

まずなぜ借りるに至ったかの経緯ですが、理由は単純です。「人工知能が自分の借りれる金額や信用度を診断する」これに興味があったからです。


なので特にお金に困っていたわけではありません。(私の仕事柄、お金に困ることも今後あるかと思ったので、念のためと言うこともありましたが)


一度消費者金融を借りたことがあったので、大体の金利や金額、どれくらいで借り入れ出来るかなどは把握できていましたので、すごい楽しみでした。またソフトバンクやみずほ銀行など大手企業が提携して行なっているという点にも魅力を感じていました。


シュミレーションの段階で、750〜800というスコアが出ていたので、借りれることは確信していました。実際借りるまでの流れですが、消費者金融の手続きと特に変わった点は無かったように思います。


また色んな情報を連携させることで、金利が消費品金融や大手銀行などのカードローンとは比べものにならないくらい、下がりました。ただ一点他と異なる点は、サイトに登録すると色んな質問事項が用意されている点です。


「これは何か正解があるのか?スコアに意味あるのか?」など少し楽しみながら記入していくことで、ザックリ書いただけで契約極度額が160万円・貸付金利12.0%という条件が提示されていました。審査時間は30分前後で契約が完了しました。


またスコアをどんどん上げることで、金利を下げることにも成功しましたし、上限金額も400万ほどまで上げることができたので、結果的にどの金融機関からも低い金利で高い限度額を得ることが出来ました。


一度物は試しと思い、その中の100万を引き下ろしましたが、そこは他社と違い少し面倒です。特にカードとかがあるわけではないので、少し不便です。返済については他社と変わらないので、特に不便さは感じません。


思ったより低い金利で借りられました

評価  4.00
性別 女性 年齢 25歳 借入金額 10万円
借入開始 2017年10月 借入までの時間  1日 0時間

私は一般的な消費者金融でお金を借りた経験があり、J.Scoreでも10万円程度の小規模な額を希望していました。インターネットである程度の知識を得ておこうと思い、検索をかけたところ評判がよく、J.Scoreで借りることに。


J.Scoreの良かったと思うところは、金利がかなり低いということでした。他社で借りていた時の金利は18%。それくらいだと思っていたのですが、J.Scoreのスコアが良かったからなのか、11%でお借りできました。


また、私の場合かもしれませんが、即日審査で翌日には入金があったこともスピーディーで良かったです。


ただ少し気になった点もあります。それは郵送で自宅に書類やらシールが届いたことです。家族に特に言っておらず、お金を借りていることを気づかれました。


今考えてみれば、郵便局留めにしておけばよかったなと思いますので、J.Scoreだけのせいではないなとも思います。そのため、評価としては5点中4点としました。






クチコミを書き込む

すべて必須項目です。

タイトル
性別
年齢
借入金額
(1万円単位)
万円(1,000万円まで)
評価
借入開始時期
借入までの時間 時間
感想

※投稿は管理人が確認した後、反映されます

検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。