キャッシングエニーで借入する前に知っておきたい点は?

消費者金融で借入をする場合、まずプロミスやアコムなどの大手に申込む方は多いはずです。

とはいえ大手以外の、中小の消費者金融で借入したいと思う人もいるはずです。


中小の消費者金融の特徴は、審査が柔軟な点です。

今回はそうした中小の消費者金融の一社である、「キャッシングエニー」について紹介します


まずキャッシングエニーの申込条件などの基本情報を説明し、次にそのメリットやデメリットを解説します。


消費者金融キャッシングエニーってどんな会社?

キャッシングエニーとは?

消費者金融キャッシングエニー

「キャッシングエニー」とは東京都に店舗を構える、中小の消費者金融(会社名は、株式会社エニー)です

店舗は東京都にしか在りませんが、ネット申し込みが可能で全国から利用出来ます


また申込方法によっては即日融資が可能なため、直ぐにお金が必要な方には便利な消費者金融です。

なお後ほど解説しますが、「(キャッシング)エニー」と同じ名前を名乗るヤミ金業者も存在します。


ですが今回するキャッシングエニーは、ヤミ金業者とは全く別の、正規の貸金業者です。

社名だけで混同しないよう、ご注意ください。

<関連記事>:中小大手の消費者金融、全国35社の金利・即日の一覧表

貸金業者かどうかは、金融庁のサイトで確認できます

借入条件

キャッシングエニーが提供する個人向けローン商品は、主に2種類あります。

<1dayダイレクト>

金利(年率) 契約額 WEB完結取引 即日融資
15.0%~20.0% 1万円~100万円 対応していない 可能


<ビッグ>

金利(年率) 契約額 WEB完結取引 即日融資
12.6%~15.0% 100万円~300万円 対応していない 不可


どちらのローンも上限金利は高く、利息制限法で定められている上限金利と同じです。


高額の借入を希望する方は、借入限度額が大きい「ビッグ」の利用をオススメします。

ただし「ビッグ」を利用できるのは、年収が300万円以上の人に限ります。


というのも総量規制で、借入総額は個人の年収の3分の1までと決まっているためです。

一方で「1dayダイレクト」では1万円から借入が出来るので、多くの人が利用対象者に含まれます。


以下では、「1dayダイレクト」に限定して紹介します。

申込条件

キャッシングエニーの申し込みでは、以下の条件を両方満たす必要があります。

・満20歳以上の方
・定期的な収入がある方



申込条件には上限年齢が設けられていないため、定期的な収入があれば高齢者でも借入できる可能性があります


ただし、ここでいう収入に年金は含まれません。

年金受給者が借入を希望する場合、年金とは別に収入が必要になるのでその点に注意して下さい。

<関連記事>:中小の消費者金融に限定!おすすめランキングを紹介!

定期的な収入の目安は、週3日以上働いていて月々に安定した給与があることです



消費者金融キャッシングエニーの申し込みや借入方法は?

申込方法

キャッシングエニーの申込方法には、以下の4つがあります。

キャッシングエニーの申込方法
  • 郵送
  • FAX
  • 電話
  • 店頭


一番手軽に出来るのは、ネットから申し込む方法です。

とはいえ必要書類は郵送かFAXで提出するため、たとえネット申し込みでも時間が掛かります。


また電話か店頭で申し込む場合に限り、即日融資が可能です。

ただし即日を希望するなら契約完了後には、店頭にて融資を受け取る必要があります。


店舗は東京都に1店しかないので、関東圏に住んでいない方が即日融資をするのは難しいです。

<関連記事>:消費者金融とは?分かりやすく解説!

都内に住んでいる方なら、キャッシングエニーで借入するのも良いかもしれません

必要書類

キャッシングエニーでは、契約時に以下の3点が必要です。

キャッシングエニーで契約時に必要な物
  • 顔写真付きの身分証明書
  • 収入証明書
  • 印鑑


顔写真付きの身分証明書

必要とされる身分証明書(顔写真付き)
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート


ただし顔写真付きの身分証がない場合、住所が確認できる以下の書類が必要です(発行から6ヶ月以内 )

顔写真付きの身分証がない場合の住居確認書類
  • 電気屋ガスなど公共料金の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 電気やガスなど公共料金の領収書



収入証明書

50万円以下の借入を希望する場合は、2ヶ月以内の給与明細か直近の源泉徴収票が必要です。

50万円を上回る借入を希望する場合は、源泉徴収票か確定申告書などが必要です


注意しておきたいのは借入希望額によって、必要な収入証明書が違う点です。

50万円以下の融資を希望する場合、給与明細書も収入証明書として認められます。


一方で50万円を超える融資では、源泉徴収票や確定申告書などが必要です。

この場合は、収入証明書の提出が認められていません。


間違った書類を提出しないためにも、申し込みの前にはどの書類が必要かを確認しておきましょう。

またキャッシングエニーでは融資の際に、印鑑が必要です。


印鑑を持っていない場合は、前もって作っておけば手続きがスムーズに進みます。

申し込みから借入までの流れ

キャッシングエニーの申し込みから借入までの流れは、以下の通りです。

キャッシングエニーの申し込みから借入までの流れ
  • 申し込み
  • 申し込み内容の確認
  • 審査
  • 審査結果の連絡
  • 必要書類の提出
  • 契約完了


各自の申し込み方法で申し込んだ後は、申し込み内容の確認と審査が行われます。

営業時間(平日9時から18時)内であれば、審査は30分ほどで終わります。


なおキャッシングエニーでは審査通過後に、必要書類を提出します。

<関連記事>:サラ金とは?分かりやすく解説

書類は郵送やFAX、店頭への持ち込みで提出します

借入方法

キャッシングエニーの借入方法は、以下の2つです。

・店舗で受け取り
・口座に振り込み



即日融資を希望する場合は、店舗で融資を受け取る必要があります

その際には店舗での待ち時間を少なくするためにも、来店前に電話で融資の予約をしましょう。


来店時には必要書類の提出と契約書の記入をするので、指定された書類や印鑑を持って行ってください。

店舗での借入が難しい場合は、即日融資は出来ませんが口座振り込みでの借入になります。


口座振り込みでの借入は、インターネット、もしくは郵便・FAXで振込依頼をする必要があります

返済方法

キャッシングエニーの返済方法は、以下の2つです。

・店頭
・指定口座に振込



指定口座に振り込む方が、手軽に返済できます

この方法ならATMでの振り込み以外にも、インターネットバンキングを使ってネット上で振り込んで返済もできます。


また月々の返済以外にも繰り上げ返済をして、将来払うはずの利息を減らすのも良いでしょう。

ただし繰上げ返済は無理して行うのではなく、お金に余裕のある月やボーナスが出た月にしてみましょう。

<関連記事>:消費者金融スピリッツってどうなの?利用上の注意点

無理な繰上げ返済で、お金に余裕が無くなってしまったら元も子もありません



消費者金融キャッシングエニーの魅力やメリットは?

ここまでキャッシングエニーの条件や、申込方法などを説明しました。

次ではキャッシングエニーの魅力や、メリットを解説します。

即日融資が出来る

キャッシングエニーの魅力の一つに、即日融資に対応している点があります

ただし電話か店頭で申し込んだ場合に限り、即日融資が可能です。


またこの場合、融資を受け取るために来店する必要があります。

店舗は東京都にしかないので、関東圏以外に住んでいる人の即日融資は難しいでしょう。

<関連記事>:即日融資カードローンでおすすめは?

キャッシングエニーで即日融資するのは、かなり手間が掛かります

審査スピードが速い

審査スピードが速い点も、キャッシングエニーの魅力の一つです。

営業時間内であれば、審査は30分前後で終わります


実際にキャッシングエニーの口コミに、「直ぐに審査結果の連絡が来た」という意見は多数あります。

「審査結果が待てない!」という方は、キャッシングエニーの利用を検討してみても良いかもしれません。

審査が柔軟

審査が柔軟な点も、魅力の一つとして挙げられます。

キャッシングエニーの公式HPには、返済遅れの経歴がある人に対しても、現状で判断する旨が書かれています。


また(本当かは分かりませんが)、口コミでは「過去5年以内に、金融事故を起こしたけど借りられた」というネット情報もあります。

とはいえ、どれだけ柔軟な審査でも現時点で返済能力がないと見なされた場合、審査に通るのは難しいでしょう。

大手消費者金融の審査では、金融事故を起こした人が審査に通る可能性はかなり低いです

専業主婦も借入が出来る

キャッシングエニーでは、配偶者に安定収入があれば専業主婦の借入もできます

この借入方法を、「配偶者貸付」と言います。


ただし配偶者貸付では、配偶者と専業主婦の借入額を合わせた総額が、配偶者の年収の3分の1までに収まる必要があります

そのため専業主婦の借入出来る額は、限られるでしょう。


また配偶者の同意書が必要なので、夫に内緒で借入するのは不可能です。

専業主婦の方は、まず配偶者と相談してから借入をしましょう。

<関連記事>:【利用者が選ぶ】消費者金融の口コミおすすめランキング!



キャッシングエニーのデメリットや、利用上の注意点は?

金利が高い

キャッシングエニーのデメリットの一つ目は、金利が高い点です。

契約額10万円未満の上限金利は20%と、利息制限法の上限金利と同じ金利です。


大手の消費者金融の上限金利は年率18%ほどなので、他の消費者金融と比べても金利は高めです。

10万円未満の借入なら、他社を検討した方がよいかもしれません。

<関連記事>:消費者金融の金利相場は?金利はどうやって決まるの?

返済総額をなるべく減らしたい方は、金利がやや低めの銀行カードローンや大手消費者金融を検討しましょう

カードローンではないので、借入は1回のみ

カードローンの借入では、1回の契約で何度でも借入が出来ます(こうした貸付方法を、「極度借入」と言います)。

一方のキャッシングエニーが提供するローン商品は、カードローンではないので1回の契約で借入は1回のみになります(こうした貸付方法を、「証書貸付」と言います)


証書貸付では契約時に借入した金額を、時間をかけて返済していきます。

追加でお金が必要な場合は、改めて審査を受ける必要があり、カードローンに較べて使い勝手が良くありません。

<関連記事>:証書貸付とは?カードローンとは何が違うの?

借入が不便で、即日融資のハードルも高い

先ほど説明した通り、キャッシングエニーの借入方法は店頭での受け取りか、指定口座への振込だけです

店舗が沢山あれば良いのですが、キャッシングエニーは東京の1店舗だけです。


このため借入は、かなり不便と言えます。

さらに即日融資を希望する場合、来店が必須です。

東京といっても広いので、借入のために店舗までわざわざ行くのも面倒と言えます。

審査落ちすると、他社を紹介される?

キャッシングエニーでは、審査に落ちると他社を紹介されるというネット情報があります

貸金業者であれば、こうした紹介行為は違法ではありません。


ですがキャッシングエニーが先方の業者から紹介料を貰っている可能性もあり、紹介を受けた利用者にとって得となる取引とは限りません。

もし紹介をされた場合は、必ず断るようにしましょう。

貸金業者以外の紹介行為は、貸金業法で違法になります

キャッシングエニーを名乗るヤミ金業者に、注意が必要

キャッシングエニーの利用時には、「エニー」を名乗るヤミ金業者に注意して下さい

公式ホームページにはエニーを名乗るヤミ金業者が複数、紹介されています。


中には携帯電話を送るように指示する、ヤミ金業者もいます。

ヤミ金業者から借入をすると法外な利子を請求され、暴力を伴う取り立てをされる可能性があります。


申し込み時には、申し込み先がヤミ金業者かを公式ホームページでよく確認して下さい。

<関連記事>:ヤミ金とは?その悪質な手口を紹介します!



以上、キャッシングエニーの基本情報や、そのメリット・デメリットを紹介しました。

キャッシングエニーは審査が柔軟なので、大手消費金融の審査に落ちた方は申し込みをするのも良いかもしれません・


とはいえ無理な借入で、返済に行き詰まってしまったら元も子もありません。

借入は必要最小限にして、計画的な返済を心がけましょう。


この記事のまとめ
  • 「キャッシングエニー」とは東京都に店舗を構える中小の消費者金融で、ネットでの申し込みだと全国で利用可能
  • キャッシングエニーが提供するローン商品「1dayダイレクト」の上限金利は20%で、借入限度額は100万円
  • 申込方法はネット・郵送・電話・店頭などがあり、店頭や電話の申し込みで来店すれば即日融資が可能
  • メリットは即日融資が可能な点や審査スピードが早い点、審査が柔軟な点
  • デメリットは即日融資を受けるために来店が必要な点や、金利が高い点


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む





検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。