無担保ローンとは?元銀行員が分かりやすく解説

カードローンやクレジットカードのキャッシングは、担保や保証人を用意せずに借りられます。

こうした無担保で借りられるローンを、「無担保ローン」と呼びます。


ただ無担保ローンの特徴まで理解してる人は、少ないかと思います。

今回は無担保ローンの特徴や、メリット・デメリットについて解説していきます。


無担保ローンとは?キホンを解説

無担保ローンって何?

無担保ローンって何

無担保ローンの説明をする前にまず、担保について簡単に解説します。

担保とは借主が返済不可能になった時、貸主側の損失を補うために処分できる資産のことです。


例えば家や土地などの不動産、株券や国債などの有価証券などが担保になり得ます。

このように、お金を借りる際に担保を設定するローンのことを、「有担保ローン」と言います。


一方の「無担保ローン」は、担保なしでお金を借りられるローン商品です。

無担保ローンであれば、万が一お金を返済できなくなっても、不動産や有価証券などを差し出す必要はありません。


担保不要で気軽に利用しやすい無担保ローンは、有担保ローンに較べて、借主にとって身近な存在になっています。

<関連記事>:担保とは?元銀行員が分かりやすく解説

無担保ローンの種類

一口に無担保ローンと言っても、その種類は様々です。

以下は、無担保ローンの一例です。

無担保ローンの例
  • カードローン
  • フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 教育ローンや自動車ローンなどの一部の目的別ローン



上から分かるように、無担保ローンを提供しているのは消費者金融やクレジットカード会社、信販会社、銀行など様々です。

ただ提供する会社によって、無担保ローンの内容や金利は異なります。


たとえば銀行系は(カードローンを除いて)審査に時間がかかりますが、他の金融会社と比べると金利は低めです。

銀行ではカードローンに加え、フリーローンや目的別ローンなど、商品の幅が広いです。


また信販会社では銀行と同じく、多くのローン商品を提供している会社もあります。

ショッピングローンや自動車ローン、リフォームローンに加え、クレジットカードのキャッシングも提供しています。


消費者金融では主に、カードローンを取り扱っています。

審査が早く利便性も高いですが、金利は高めです。

<関連記事>:クレジットカードのキャッシングとは?気を付けるべき点は?

どの無担保ローンが自分に合っているのか、よく比較した上で判断しましょう

無担保ローンの金利や借入限度額は?

無担保ローンの金利

ここではみずほ銀行のローン商品を例に、無担保ローンと有担保ローンの金利や借入限度額の違いを見ていきます。

みずほ銀行の無担保ローン 金利(年率) (最高)借入限度額
カードローン 2.0〜14.0% 800万円
多目的ローン(フリーローン 5.875%(変動)6.65%(固定) 300万円
リフォームローン 3.975%(変動)4.2〜4.85%(固定) 500万円
教育ローン 3.475%(変動)4.2%(固定) 300万円
みずほ銀行の有担保ローン 金利(年率) (最高)借入限度額
住宅ローン 0.525%(変動)0.98%(固定)

<出典>:ローン | みずほ銀行


カードローン、多目的ローン、リフォームローン、教育ローンの無担保ローンと比べると、有担保ローンである住宅ローンの金利の方が、圧倒的に低く設定されています。

カードローンの借入限度額は高いように思えますが、初回借入の場合は基本的に50万円程度の借入枠(極度枠)となる場合が多く、最初から多額の融資は受けられません。


借入枠(極度枠)を上げるには、借主の信用力を上げるか、貸主からの信用の積み重ねが必要です。

たとえば毎月遅れることなく返済を続けていると、会社側から借入枠の増枠を提案される場合もあります。


ただし時間をかけて信用を積み重ねたとしても、増枠審査に落ちることもあります。

またカードローンは借入枠を増額すると、適用金利が下がる傾向があります。


それでも他のローン商品に較べて金利は高めなため、カードローンは高額融資に向いていないと言えます。

<関連記事>:極度借入額とは?利用限度額との違いを解説

カードローンは基本的に、短期の借入や少額融資向けの商品です



無担保ローンのメリットは何?

無担保ローンのメリットは何

無担保ローンは担保が不要で、カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシングなどの種類があると分かりました。

ここからは無担保ローンの中でも代表的な、カードローンやフリーローンのメリットについて紹介します。

審査が早い

無担保ローンの審査は借主の信用力を調べるだけで、担保の審査がなく、短期間で審査結果が出ます。

消費者金融カードローンなら最短30分、銀行カードローンでも翌営業日、フリーローンは1週間程度で審査結果が出ます。


一方で有担保ローンの場合は、用意する書類が多かったり、担保となる対象物にも審査が行われたりするため、融資まで時間がかかります。

またカードローンは、本人確認書類を提出するだけで申込手続きが完了するので、手間がかかりません。


消費者金融は、最短即日での融資にも対応しています。

しかし有担保ローンでは基本的に、即日でお金を借りることは不可能です。


一般的な住宅ローンの場合、事前審査に1~3週間、本審査に1週間ほど要します。

<関連記事>:即日融資ランキングを解説!どのカードローンが選べばよい?

無担保ローンの中でもカードローンは、急ぎでお金が必要な人に最適です

資金使途が自由

あらかじめ使い道が限定されている有担保ローンと違い、無担保ローンの資金使途は原則自由な場合が多いです。

カードローンとフリーローンは、資金使途が自由です。


旅費や家具の購入費用、冠婚葬祭など、あらゆるシーンで自由に使うことができます。

一方、教育ローンやマイカーローンなどの目的別ローン)は、資金使途が決められています。


カードローンの場合、限度額の範囲内であればいつでも自由に借入できるため、給料日前でお金がピンチな時や、旅行中に資金が不足したしまった時などに役立ちます。

ただしカードローンは、(事業主の方が)自分の商売のために利用するのは不可です。


またフリーローンは、投資資金や借り換え資金の利用を不可としている場合もあるので、注意が必要です。

特にフリーローンは使い道が自由と言いながら、使い道を示す書類も必要になったり、完済まで新たな借入は出来なかったりするので、少々手間はかかります。


とはいえ有担保ローンと比べると、手続きは簡単で利便性も高いと言えます。

基本的に保証人も不要

無担保ローンを申し込む時は担保が必要ないだけでなく、家族や友人などの保証人を立てる必要もありません。

担保や保証人を確保せず、気軽に借りられるのが大きなメリットです。


家族や知り合いに保証人になってくれるように頼むのは、精神的ストレスが相当かかります。

保証人になってくれる人を探すだけで、時間と労力がかかるので、すぐにお金を借りるのは難しいでしょう。


そのような労力をかけずに済むのが、無担保ローンの魅力です。

本人の審査に問題がなければ、限度額の範囲内で何度でも借入を行うことが可能になります。

<関連記事>:連帯保証人とは?保証人との違いを分かりやすく解説

保証人が不要な無担保ローンであれば、家族に内緒で借りられる可能性も高いです



無担保ローンのデメリットは?

無担保ローンのデメリットは?

無担保ローンは上で紹介した通りメリットが多いですが、その反面、デメリットもあります。

以下では、特にカードローンやフリーローンに焦点をあてて、無担保ローンのデメリットを解説します。

金利が高い

無担保ローンは保証人や担保がない分、貸し倒れのリスクが高くなります。

そのため有担保ローンと比べると、金利は高めに設定されています


ローン商品や借入額によって金利は異なりますが、無担保ローンは最大で18%の上限金利が設定されており、1〜3%台が主流の有担保ローンと比べると割高です。

返済期間が延びると、その分だけ支払利息もどんどん増えてしまいます。


住宅ローンなどの有担保借入は、担保での回収も可能なため、金利が低く設定されています。

なお同じ無担保ローンでも目的別ローンは金利が低めなので、資金の使い道が決まっているなら、目的別ローンを検討した方が良いでしょう。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを解説!利息の計算方法は?

特に消費者金融では初回の借入の場合、基本的に上限金利が適用されるので、利用するかどうかは慎重に考えましょう

信用力が大きく影響する

無担保ローンは担保を必要としない分、個人の信用力が審査に大きく影響します。

審査では年収や勤務先、持ち家の有無・既婚未婚・年齢など、数多くの項目をチェックされます。


特に安定収入がない人は、借入審査に通るのは難しいでしょう。

こうした個人の属性について審査に加えて、信用情報機関を通じて他社での借入履歴の照会が行われます。


過去にカードローンやクレジットカードなどで延滞(61日以上または3か月以上の返済遅れ)すると、金融事故として信用情報機関に登録されます。

無担保ローンでは個人の信用を基に契約が行われるため、事故情報の記録があると審査に落ちます。


延滞に満たない返済遅れであっても、審査に影響する可能性があるので、油断は禁物です。

ちなみに信用情報機関に、事故情報が登録される期間は5〜10年です。


事故情報を早く消す方法はありません。

無担保ローンは自分自身の信用を担保に借入するようなものなので、金融事故を起こさないよう気を付けましょう。

<関連記事>:私でもお金借りれるカードローンを教えて!

過去に金融事故を起こした経験がなく、毎月安定した収入があれば、アルバイトやパート勤務であっても審査に通過することは可能です

有担保ローンの審査に響くことも

カードローンなどの借入が多額だと、住宅ローンの審査に影響する可能性があります。

少額であれば基本的に問題ありませんが、複数の会社から借入があるか多額の場合は「お金に困っている」と判断され、審査に不利となる場合があります


これから住宅ローンを利用する人は、事前に無担保ローンを完済するなど、対策が必要です。

完済が難しい場合は、借入額を減らすなど、出来る限り努力をしましょう。


少額の借入なら、有担保ローンの審査への影響を極力抑えられます。

将来住宅ローンの利用を考えている人は、消費者金融の利用は避けた方が無難です



以上、無担保ローンのメリット・デメリットについて説明してきました。

融資がスピーディーで使い勝手の良い無担保ローンですが、利便性が高い分、使い過ぎてしまう危険性もあります。


借り過ぎると、住宅ローンなど他の審査に影響が出る可能性があるので要注意です。

無担保ローンを利用する前に将来のライフプランを立て、計画的な利用を心がけましょう。


この記事のまとめ
  • 無担保ローンとは、担保なしでお金を借りられるローン商品
  • 無担保ローンは、カードローン、フリーローン、クレジットカードのキャッシング枠、自動車ローンや教育ローンなどの種類がある
  • 融資までのスピードが早く、資金の使い道が自由な点が無担保ローンのメリット
  • 金利は有担保ローンより高めなので、借入には注意が必要
  • カードローンで多額の借入があると、住宅ローンの審査に影響する可能性がある


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。