街金とは?お金を借りても大丈夫?ヤミ金との見分け方を解説!

街金とヤミ金が、それぞれどんな業者であるか知っていますか?

言葉自体は聞いたことがあっても、具体的な中身までは理解していない方も多いでしょう。


どちらも怪しそうな業者に思えるかもしれませんが、その中身は全く違います。

そこで今回は街金の特徴や、ヤミ金との違いについて詳しく解説していきます。


街金とはどんな業者?

街金って何?

街金とは

街金とは一般的に、中小規模の消費者金融を指します。

街中で営業している金融業者が多かったことから、略称で「街金」と呼ばれていました。


全国規模で展開している大手の消費者金融と違い、街金は地域密着型の消費者金融が多いです。

以下で詳しく説明しますが、街金は法律の範囲内で営業を行っているので、違法業者のヤミ金とは実態が大きく異なります。


大手消費者金融と比べると、街金の金利は高めで知名度も低いですが、貸金業法や利息制限法に基づいて営業している金融機関なので、決して危険な業者ではありません。

<関連記事>:消費者金融とは?分かりやすく解説!

街金は大手の消費者金融よりも、借入限度額は低いことも多く、小口融資に特化しています

街金の融資サービスの内容は?

街金の融資方法は、「銀行振込のみ」というケースが多いです。

大手消費者金融のようなローンカードは、基本的に発行されないと考えて良いでしょう。


ローンカードがあれば、コンビニATMでいつでも好きな時間に借入ができます。

これに対して街金だと、借入の選択肢が銀行振込だけに限られているため、深夜や早朝の時間帯にキャッシングできません。


また街金の中には、まとまった金額を最初に借入して、長期にわたって返済していく融資方式の会社もあります(こうした融資方式を、「証書貸付」と呼びます)。

そのような業者の場合は、追加融資を受ける際に再度の申し込みが必要です。


一方で大手の消費者金融なら、借入枠(契約額)を一度設定すれば、その範囲内で自由に借入・返済ができます(カードローンによる借入です)。

大手消費者金融と比べると、街金の利便性は相当劣ると言えるでしょう。

<関連記事>:極度借入額とは?利用限度額との違いを解説

街金は審査が甘い?

街金は審査が甘い?

街金は大手消費者金融で融資を断られた人にも、貸し付けしているケースがあるので、「審査は比較的甘いのでは?」と考える人もいるでしょう。

街金では大手消費者金融と審査基準が異なるため、大手とは違った審査結果が出るケースもありますが、決して街金の審査が甘い訳ではありません。


街金でも審査段階で、貸し倒れのリスクが高いと判断された場合は、融資不可となります。

また信用情報機関に事故情報が載っていて、いわゆるブラックリストに載っている人も、基本的に街金の審査には通りづらいです。


複数の金融業者から借り入れしている人も、街金の審査に通るのは難しいでしょう。

街金は消費者金融なので、大手の消費者金融と同様に総量規制の影響を受けます。


そのため他社の借入総額が大きいと、街金から新たにお金を借りるのは難しくなります。

<関連記事>:サラ金とは?分かりやすく解説

「ブラックでも借りられる」などと宣伝しているのは、ヤミ金のみです



街金とヤミ金の見分け方とは?

ヤミ金の中には街金を装って、営業している業者も存在します。

間違えてヤミ金を利用することがないように、街金とヤミ金の見分け方を確認しておきましょう。

ヤミ金とは?

ヤミ金とは違法な貸金業者

ここでヤミ金について、簡単におさらいをしておきます。

ヤミ金(闇金)とは、正規の届出を行わずに(つまり違法で)貸金業を行う業者を指します。


(消費者金融を含む)貸金業者は、貸金業法と呼ばれる法律の規制を受けています。

この貸金業法では金利や取り立てについて厳格なルールを定めており、消費者金融は好き勝手に金利を付けたり、暴力・脅迫を伴う取り立てを行えません。


一方でヤミ金は、こうした法律を守るつもりがありません。

このためヤミ金は、異常な高金利(年率300%以上)で貸出をしたり、暴力を伴う取り立てを行います。

<関連記事>:ヤミ金とは?その悪質な手口を紹介します!

貸金業登録をしているか?

上でも説明した通り、貸金業を行うためには国や都道府県から登録を受ける必要がありますが、ヤミ金はこの登録を行っていません。

金融庁の専用ページなどに貸金業登録番号が記載されていなければ、違法な業者です。


利用は絶対にしないで下さい。

ただし貸金業登録番号が記載されている業者でも、油断はできません。


架空の貸金業登録番号を記載している、悪徳業者もあるので注意が必要です。

金融庁のホームページに、登録貸金業者情報検索入力ページがあるので、業者が公開している登録番号を検索してみましょう。

<外部の関連サイト>:登録貸金業者情報検索サービス | 金融庁

正規の貸金業者であれば、検索した時に必ずヒットします

電話番号は固定電話であるか?

電話番号は固定電話であるか?

貸金業法により、正規の消費者金融は固定電話番号の表示が義務付けられています。

にも関わらず、業者の連絡先が携帯電話のみの場合は要注意です。


固定電話でないということは、弁護士などに訴えられた時にも、すぐに逃げられる準備をしていると考えられます。

また住所がでたらめな業者や、住所の記載がない業者も危険なので、利用しない方が安全です。

上限金利の範囲内の金利であるか?

貸出金利は法律で、上限金利が定められています。

利息制限法で定めている金利は以下の通りです。

元金 上限金利
10万円未満 20%まで
10万円以上100万円未満 18%まで
100万円以上 15%まで

<関連記事>:利息制限法とは?上限金利など分かりやすく解説


この範囲を超える金利で貸し付けを行っていたら、それはヤミ金業者です。

ただし全てのヤミ金が、金利を高めに設定しているとは限りません。


客寄せのために金利はあえて低く設定しておいて、借入の都度、法外な手数料を徴収してくるヤミ金も存在します。

特に金利が低すぎる業者は、やたらと高い手数料や仲介料を請求してくる可能性が高いので、気をつけましょう。

<外部の関連サイト>:ヤミ金被害の実例と悪質業者の検索 | 日本貸金業協会

ヤミ金よりも、丁寧な対応を売りにして営業しているソフト闇金の場合でも例えば、利息は10日で3割にプラスして手数料を徴収する業者もあるので、利用は控えてください



街金を利用する際の注意点

街金は違法業者ではないとはいえ、大手消費者金融に比べると利便性が低いので、利用する際は注意が必要です。

特定の地域しか申し込めない業者もある

街金は特定の地域しか申し込めない業者もある

街金には地域密着型の業者が多いため、一部の地域に住んでいる人でなければ、申し込めないケースも多々あります。

ただし地元の街金なら、返済計画などを直接店舗に行って相談に行きやすい面もあり、安心感を持つ人も多いです。


大手消費者金融にはない柔軟な対応や、親近感に魅力を感じる人もいるので、地域密着型の街金のサービスが全て劣っているとは言えません。

大手消費者金融と街金のどちらが自分に合っているのか、よく比較した上で選びましょう。

<関連記事>:中小大手の消費者金融、全国35社の金利・即日の一覧表

お金を借りるときに何を重視するかによって、選ぶべき選択肢も異なってきます

借入・返済方法が限定的

上でも説明したように、街金から借入や返済をするには、銀行振込で手続きを行うしかないケースが多々あります。

土日に借入したい人や、コンビニのATMで好きな時間に借入したい人にとって、この点はかなり不便だと言えるでしょう。


また大手消費者金融のように、無人契約機で契約書類を受け取って、郵便物の送付をなしにすることは不可能なことが多いです。

このため同居している家族に、キャッシングがバレる可能性があります。


大手消費者金融ならネット完結も可能ですが、街金は対応不可なケースが多く、申込時に手間がかかります。

即日融資に対応していない可能性がある

大手の消費者金融には自動審査システムがあるため、即座に審査結果が出ますが、街金には自動審査システムを導入する資金的な余裕がありません。

そのため担当者による審査がメインとなります。


街金は大手消費者金融と比べると、即日融資のハードルが高めです。

即日融資に対応している街金とそうでない街金があるので、事前にホームページで確認しておきましょう。


以下は即日融資可能な街金と、そうでない街金の一覧です。

街金 金利(年率) 借入限度額 即日融資
セントラル 4.8%~18% 300万円
ビアイジ 12.0~18.0% 200万円
アイアム 18.00% 50万円
アロー 15.0%~19.94% 200万円 不可
ユニズム(ナショナル商事) 15.0~20.0% 100万円 不可


また即日融資に対応可能な場合であっても、申し込む時間が遅いと、その日のうちに融資を受けられない可能性があります。

銀行振込は平日15時までの対応となっているため、遅い時間に申し込むと振込に間に合いません。


審査時間なども考慮すると、平日13時までに申し込みを済ませたほうが良いでしょう。

<関連記事>:即日融資ランキングを解説!どのカードローンが選べばよい?

即日融資の対応度は大手の方が充実しています



今回は街金とヤミ金の見分け方と、街金を利用するときの注意点について見てきました。

大手消費者金融と比べると、街金のサービス内容は見劣りするかもしれませんが、ヤミ金のような違法業者ではないので、安心して利用することができます。


ただし街金はヤミ金との区別が付きにくいため、貸金業登録番号や固定電話の有無などを事前に確認した上で申し込みましょう。

どんなにお金に困っていても、ヤミ金を利用することだけは避けるべきです。

この記事のまとめ
  • 街金は正規の消費者金融、ヤミ金は違法な貸し付けを行う業者
  • 街金の借入方法は銀行振込のみというケースが多い
  • 街金でもブラックリスト入りしている人や、他社の借入が多い人は審査通過が難しい
  • 街金とヤミ金の区別に迷ったら貸金業登録番号、固定電話番号、上限金利をチェックする
  • 街金には即日融資に対応可能な業者とそうでない業者がある


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。