リボ払いとは?その仕組みと返済シュミレーションを元銀行員が解説!

「リボ払いは危ない」という噂を、耳にしたことはありませんか?

確かに使い方を一歩間違えると、借金が増えてしまう可能性がありますが、金欠時に買い物できるのは大きな利点です。


クレジットカードのリボ払いを賢く使うためには、まずは仕組みをよく理解することが重要です。

今回はリボ払いの仕組みや、メリット・デメリットについて解説します。


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む

リボ払いって、どういう仕組み?

リボ払いとは?

リボ払いとは?

「リボ払い」とはクレジットカードの支払方法の一つで、前もって設定した金額を毎月支払う返済方式です。

正式には、「リボルビング払い(方式)」と呼びます。


リボ払いの特徴として、以下の3点が挙げられます。

    ・毎回の返済額が一定
    ・返済額を設定できる
    ・上乗せした返済が可能


利用金額や利用件数に関わらず、自分で設定した一定の金額を毎月返済していきます。

毎月の支払いは、利用残高の返済と手数料支払いに充てられます。


お金に余裕がある月には、繰り上げ返済や一括返済などを行い、上乗せして返済することもできます。

リボ払いは「分割払い」と混同されることも多いですが、全く別の返済方法です。


分割払いとは、初めに返済回数を設定し、その回数で分割して返済する方式です。

一方のリボ払いは、設定した毎月の返済額に応じて返済期間が変わるので、返済回数は決まっていません。


分割払いは返済回数を、リボ払いは毎月の返済額を前もって決めておくという違いがあります。

<関連記事>:クレジットカードの返済ができないとどうなる?

分割払いは2回払いであれば、手数料がかかりません

リボ払いの種類は?

リボ払いには様々な種類がありますが、それらは3つの要素から決まります。


<「元利定額」か「元金定額」か>
「元金定額」か「元利定額」
元利定額は、元金と金利手数料の合計額を定額で支払います。

返済が進むにつれて、支払額における元金の割合が増えていきます。

一方の元金定額は、元金分の返済が定額で、そこに金利手数料が上乗せされます。



<「定額返済」か「定率返済」か>
定額返済は、毎月一定の金額を返済します。

定率返済は、残高(元金)に対して一定の割合(定率)を掛けた金額を返済します。

返済が進むにつれて残高も減るので、次第に返済額が減少していきます。



<「残高スライド方式」かどうか>
残高スライドとは
残高スライド方式とは、残高に応じて毎月の返済額が変動(スライド)する方式です。

残高が20万円以下なら返済額は1万円、10万円以下なら5千円というように、返済額が段階的に減少していきます。

返済の途中で新たに商品を購入した際は、残高が増えるため毎月の返済額も増加します。

この返済額のスライド幅は、カード会社によって異なります。



リボ払いはこれら3つの要素の掛け合わせなので、本来ならば(2 × 2 × 2 =)8種類存在するはずです。

ですが以下の表にあるように、大手カード会社で採用されている返済方式は、限られています。

カード名 採用してるリボ払いの返済方式
UCSカード 元利定額・元金定額・残高スライド元利定額
JCBカード 元金定額
楽天カード 元金定額・残高スライド元金定額
三井住友カード 元利定額・元金定額
ライフカード 残高スライド元利定額

中でも以下の3つが、クレジットカード会社で最も採用されている返済方式と言ってよいでしょう。

・元金定額方式
・元利定額方式
・残高スライド元利定額方式


<関連記事>:カードローンの返済方式を比較してみた

以下では返済方式ごとに、シミュレーションをしていきます

リボ払いの手数料は?実際にシュミレーションしてみた

リボ払いでは支払い残高に応じて、手数料がかかります。

毎月の返済は、利用残高の返済とは別に、手数料の支払いにも充てられることになります。


ひと月分(31日分)の手数料は、以下の計算式で求められます。

手数料=残高×金利(年率)×31日÷365日


金利はカード会社によって若干異なりますが、年率15%程度であることが多いです。

それでは手数料がどのくらいになるのか、先に代表的な返済方式として挙げた以下の3つでシュミレーションをしたいと思います。

・元金定額方式
・元利定額方式
・残高スライド元利定額方式



いずれもUCSカードで、金利手数料15%、利用残高30万円の返済を想定しています。


<元金定額方式>

元金分の支払い
手数料支払い
毎月の支払い額 支払い額残高
1月目 30,000
2,958
32,958 270,000
2月目 30,000
3,439
33,439 240,000
3月目 30,000
2,958
32,958 210,000
4月目 30,000
2,675
32,675 180,000
5月目 30,000
2,219
32,219 150,000
10月目 30,000
369
30,369 0
合計 300,000
19,929
319,929

上の通り、元金定額方式では、元金分の支払いが定額です。

そこに手数料を上乗せした金額を毎月支払います。


<元利定額方式>

元金分の支払い
手数料支払い
毎月の支払い額 支払い額残高
1月目 27,042
2,958
30,000 272,958
2月目 26,523
3,477
30,000 246,435
3月目 26,962
3,038
30,000 219,473
4月目 27,204
2,796
30,000 192,269
5月目 27,630
2,370
30,000 164,639
10月目 29,374
626
30,000 21,456
11月目 21,456
273
21,729 0
合計 300,000
21,729
321,729

元利定額方式では、最終月を除いて毎月の支払い額が一定です。

毎月の支払い額における元金返済分の割合は、次第に増えていきます。


<残高スライド元利定額方式>

元金分の支払い
手数料支払い
毎月の支払い額 支払い後残高
1月目 7,042
2,958
10,000 292,958
2月目 6,268
3,732
10,000 286,690
3月目 6,466
3,534
10,000 280,224
4月目 6,431
3,569
10,000 273,793
5月目 6,625
3,375
10,000 267,168
10月目 7,040
2,960
10,000 233,126
20月目 7,953
2,047
10,000 158,115
30月目 3,826
1,174
5,000 88,387
40月目 4,344
656
5,000 47,167
50月目 4,931
69
5,000 504
51月目 504
6
510 0
合計 300,000
85,510
385,510

残高スライド元利定額方式では、毎月の支払い額は基本的に一定です。

ただし残高が一定額まで減ると、毎月の支払い額も減少します。


改めて3つの返済方式を比較すると、手数料合計は以下のように違います。

    元金定額:19,929円
    元利定額:21,729円
    残高スライド元利定額:85,510円



残高スライド元利定額は毎月の返済が1万円に抑えられて一見魅力的ですが、他の返済方式に較べて手数料が3倍以上になっております。

残高スライド元利定額は、負担の大きい返済方式であることが分かります。

<関連記事>:キャッシング利息の計算方法を解説します

リボ払いの上限金額は?

リボ払いの上限金額は?

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」といわれる利用限度額が定められています。

またカードごとに「総利用可能枠」も定められており、ショッピング枠とキャッシング枠の合計金額は、総利用可能枠の範囲内でしか使えません。


さらにショッピング枠の中には、「割賦払い利用枠」が設定されていて、リボ払いはこの範囲内で利用できます。

リボ払いの他にもボーナス払いや分割払いなど、一括払い以外の支払いがこの枠内に含まれます。


各枠の金額は、申し込み時の審査でカード会社によって決められます。

仮に総利用可能枠・ショッピング枠・割賦払い利用枠・キャッシング枠が、以下の金額だったとします。

    ・総利用可能枠:50万円
    ・ショッピング枠:50万円
    ・割賦払い利用枠:30万円
    ・キャッシング枠:10万円



通常であれば、リボ払いに使える金額は30万円です。

ただし一括払いで30万円の買い物をしている場合、ショッピング枠の限度額を超えてはならないので、リボ払いに使える上限金額は20万円になります。


さらにキャッシングで10万円を使っている場合は、総利用可能額を超えてはならないので、リボ払いに使える金額は10万円だけになります。

このようにリボ払いの上限金額は、割賦払い利用枠の設定金額と、他の枠の利用状況に応じて決まってきます。

リボ払いが使えるタイミングは?

リボ払いが使えるタイミングは?

店頭で買い物をする際に、リボ払いで支払いたい旨を伝えます。

ネットでの買い物なら、決済のタイミングでリボ払いを選択します。


ですがクレジットカードの加盟店全てで、リボ払いが使えるわけではありません。

また年会費や保険料の支払いなど、一部対象外の商品・サービスもあるので注意してください。


更にリボ払いには、「あとからリボ」という返済方法の変更サービスがあります。

カード会社ごとに定められている申込期日までに申請をすれば、一括払い・2回払い・ボーナス払いなどの支払いをリボ払いに変更できます。


一括払いでの返済が苦しくなった時などに、非常に便利なサービスです。

さらにはクレジットカードの全ての支払いをリボ払いにできる、「自動リボ」という設定もあります。


自動リボ設定にすれば、店頭で一括払いと伝えても、リボ払いとして処理されます。

店頭でリボ払いを伝えにくいという人などに、オススメの設定です。

リボ払いには初めからでも後からでも使える設定があるのです



リボ払いのメリット・利点は?分かりやすく解説

リボ払いのメリット・利点は?

「リボ払いはヤバイ」と言われることが多いですが、メリットが多いことも事実です。

ここではリボ払いの利点・メリットについて解説します。

メリット1. 毎月の支払額を抑えられる

一括払いで高額な買い物をすると、翌月に全額が引き落とされるので、家計を圧迫してしまうことがあります。

リボ払いであれば、自分の無理のない範囲で、毎月の支払額を自由に指定することができます。


数十万円の買い物しても、月々の返済額を1万円に設定すれば、それほど家計に支障はないでしょう。

毎月の支払額を低くすれば、生活費を切り詰めることなく返済を進められます。

自分に合った返済額を設定できるのが、リボ払いの最大の魅力です

メリット2. 家計の管理がしやすい

リボ払いは毎月支払額が一定なので、家計の管理がしやすいです。

残高スライド方式であっても、返済額のスライド幅は決まっているので、ある程度の予測はつくでしょう。


リボ払いで高額な買い物をした場合でも、他の出費とのバランスを取りやすく、計画的に返済できるはずです。

<関連記事>:【元銀行員が教える!】お金がない時の乗り切り方は?

メリット3. 自分の支払能力以上の買い物ができる

リボ払いをすれば、毎月の支払額を抑えることが可能です。

もし手元にお金がなくても、支払額を低く設定することで、自分の支払い能力以上の買い物ができるようになります。


ですが利用しやすいあまり無理な買い物をしてしまう可能性も高まるので、注意が必要です。

リボ払いを使い過ぎると、返済不能に陥る危険性があります

メリット4. 余裕が出来たら返済額を増やせる

リボ払いは上乗せした返済、いわゆる「繰り上げ返済」が可能です。

毎月の返済額は一定ですが、お金に余裕のある月には、積極的に繰り上げ返済や一括返済をしてみましょう。


返済額を増やすことで返済期間が縮まるので、その分手数料の支払いを抑えられます。

リボ払いの繰り上げ返済や一括返済は、口座引落・ATM・振込など、様々な方法に対応しています。


ただし口座引落と振込の場合は、事前にカード会社に連絡・申込をしておく必要があるので注意してください。

<関連記事>:キャッシングの繰り上げ返済の注意点は?



リボ払いのデメリット・リスクは?

リボ払いのデメリット・リスクは?

上ではリボ払いの利点を挙げましたが、「リボ払いは気を付けるべき!」という意見はネット上でもよく見かけます。

ここでは逆に、リボ払いのデメリット・リスクについて解説します。

<関連記事>:リボ払いはヤバイ?クレジットカードを賢く使うコツを解説!

デメリット1. 手数料が高い

上でも見たように、クレジットカードのリボ払い手数料は、年率15%程度であることが多いです。

これは銀行カードローンと、ほぼ同じくらいの金利です。


実はリボ払いの手数料は、毎月の返済額を低く設定するほど増加します。

以下の返済シミュレーションで、それが確認できます(JCBカードで金利手数料15%・30万円の返済の場合)。

支払設定額 毎月1万円 毎月2万円 毎月4万円
1月目手数料 2,835 2,835 2,835
2月目 3,694 3,567 3,312
3月目 3,452 3,205 2,712
4月目 3,439 3,057 2,293
5月目 3,205 2,712 1,726
6月目 3,184 2,547 1,273
7月目 3,057 2,293 764
8月目 2,835 1,972 246
手数料合計 57,327 29,205 15,161


返済額を低く設定すれば毎月の返済負担は抑えられますが、逆に手数料が増えるので、返済総額は大きくなってしまいます。

<関連記事>:カードローンとクレジットカードとの違いは?

支払設定額を半額にすると、手数料負担は倍増しています

デメリット2. 返済が長引き、返済負担が増す

リボ払いをすれば毎月の支払額を抑えられますが、裏を返せばその分返済が長引くということです。

先ほどのシミュレーションからも分かるように、返済期間が長引くほど、手数料の負担も大きくなります。


結果として翌月の一括返済をする場合に比べて、返済負担は大幅に増えてしまいます。

デメリット3. 返済が膨らんでいることに気づかない

リボ払いはカードローンと同様に借金ですが、クレジットカードで手軽に決済できるとあって、借金という意識が薄れがちです。

そのため利用に歯止めが効かず、自分の支払い能力以上の買い物をしてしまう恐れがあります。


またリボ払いは毎月一定額が引き落とされるので、順調に返済が進んでいると思い込みやすいです。

自分の残高を正確の把握できていないのにも関わらず、新たにリボ払いで買い物をしてしまい、返済が膨れ上がる危険性もあります。

<関連記事>:クレジットカードの現金化ってヤバイ?

リボ払いの返済中に、新たなリボ払いを始めるのは非常に危険です


ここまでリボ払いの仕組みや、メリット・デメリットについて見てきました。

お金がない時でも買い物ができるので非常に便利ですが、使い過ぎによって返済に苦しむ危険性もあります。


リボ払いを使う際は、今回紹介したデメリットも頭に入れた上で、節度ある利用を心がけましょう。

この記事のまとめ

  • リボ払いは前もって設定した金額を毎月支払う返済方法
  • リボ払いは8種類あるが、最も採用されてるのは元金定額・元利定額・残高スライド元利定額の3種類
  • 毎月の返済額が一定なので管理しやすく、目先の返済が楽といった利点がある
  • 手数料が高く、返済期間を延ばすほど返済総額が膨れ上がるデメリットがある
  • リボ払いの負担を減らすためにも、繰り上げ返済・一括返済を積極的に活用すべき

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。