消費者金融の多重申し込み(申込ブラック)!審査に通るには?

「多重申し込み」とは、短期間に複数のカードローン会社に申し込んでいる状態のことを指します。

こうした多重申し込みは、「申込ブラック」と呼ばれる場合もあります。


ブラックと呼ばれるほどですから、キャッシングの審査で不利な扱いを受けます。

もし多重申し込みになってしまった場合、カードローン審査に通過する方法はあるのでしょうか?


そこで今回は、多重申し込みになる前に注意しておくべきポイントや、申込ブラックでも審査に通過するための方法を解説します。


多重申し込み(申込ブラック)とは?どんな状態のこと?

多重申し込みの基準は?

多重申し込み(申込ブラック)とは

上でも説明したように多重申し込みとは、短期間に複数のカードローン会社に申し込んでいることです。

ただ「〇社に申し込んだから、多重申し込み」といった明確な定義はありません。


一般的には1ヶ月以内に3社以上の申込をすると、申込ブラックと見なされます。

申込ブラックとカードローン会社から認定されると、カードローン審査にかなり不利です。


カードローン会社への申込履歴は、カードローン会社によって信用情報機関に登録されます。

この申し込み情報が、信用情報機関を通じて金融機関や貸金業者の間で共有されます。


そのため多重申し込みであることを新たな申し込み先に申告しなかったとしても、審査担当者が信用情報機関に申込履歴を照会することで、バレてしまいます。

<関連記事>:カードローンを利用すると信用情報にマイナス?

一度に複数の会社に申し込み、審査に通った会社の中で一番条件の良い会社から借りる方法は不可能なので、注意しましょう

信用情報機関に登録される期間は?

申込履歴は信用情報機関に登録されると説明しましたが、どれくらいの期間、履歴が残っているのでしょうか?

カードローンの申込履歴は、6カ月経つと消えます。


つまり複数の会社に申し込みをした場合、最後のカードローン会社に申し込みをした日から半年の間、申込ブラックと見なされます。

ちなみにカードローンの借入履歴は5年、延滞履歴は1年~5年の間、信用情報機関に保管されるので、それに比べると申込履歴は比較的早く消えます。

<関連記事>:キャッシングの借金履歴(信用情報)はいつまで残る?

信用情報を確認する方法

自分がいつカードローンの申込みをしたか忘れた場合、信用情報機関に情報の開示を求めることで、申込履歴を確認できます。

現在国内には、CIC(シーアイシー)、JICC(日本信用情報機関)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)という3つの信用情報機関があります。


以下のように金融機関や貸金業者は、3つの信用情報機関のどれか、または複数に加盟しています。

カードローン会社 全国銀行個人信用情報センター(JBA) 日本信用情報機構(JICC) シー・アイ・シー(CIC)
プロミス ×
SMBCモビット ×
アイフル ×
アコム
×
三井住友銀行カードローン
バンクイック 保証会社が加入 保証会社が加入
みずほ銀行カードローン ×


どの会社に申し込んだかによって、情報を保管する団体も変わってくるので注意しましょう。

3つのどの機関も500円~1000円で、情報の開示を求めることが可能です。

<外部の関連サイト>:JBAJICCCIC

情報開示申込書と本人確認書類があれば、ネットや郵送で情報の開示を申し込めます



多重申し込み(申込ブラック)になる前に!注意しておきたいポイント

申込履歴は信用情報機関に登録され、その情報はカードローン会社の間で共有されることが分かりました。

以下では、多重申し込みになる前に知っておくべきことを紹介します。

基本は1社に絞って申し込む

多重申し込み(申込ブラック)にならないために

申込ブラックになってしまったら、半年間その状態が続きます。

多重申し込みにならないために、複数社ではなく、1社に絞ってカードローンを申し込むのがオススメです。


審査に通るか不安な方は、カードローンの新規成約率をチェックしてみましょう。

「成約率が高い=審査が甘い」訳ではありませんが、申し込む会社を決める指標の一つと言えます。


以下の表は、大手消費者金融3社の2018年5月の新規成約率の比較です。

消費者金融 成約率(%)
プロミス 45.1
アイフル 48.2
アコム 46.3

上記のように、成約率が最も高いのはアイフルです。

ただどの会社も成約率は50%以下と、申込者の2人に1人以上は落ちている計算です。


成約率は時期によって変動もあるため、参考にする程度にしましょう。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の審査基準について

銀行カードローンの成約率は公表されていませんが、消費者金融よりも低い数字になると言われています

契約済みのカードローンがあるなら、増枠を申し込む

すでに契約しているカードローンがある場合、新規のカードローンを増やす前に、増枠審査を申し込んでみましょう。

カードローンは借入枠が大きいほど適用金利が下がる傾向にあり、新たなカードローンを申し込むより、増枠する方が金利面からお得な場合があります。


また一般的に増枠審査の方が、新規申し込みの審査より、審査期間が短くなります。

その理由として増枠審査の場合、すでにカードの発行は済んでいるため、「収入に見合った増額であるか」「利用履歴に問題はないか」といった確認が取れれば、増枠できる可能性が十分あるためです。

すでに多重債務になっている場合は、借り換えや債務整理を検討する

多重申し込み以前に、多重債務に陥ってしまっている場合は、今の借金を整理することに専念しましょう。

新たに借入申し込みをして、仮に審査に通ったとしても、泥沼にはまるだけです。


借金を整理する方法としては、借り換えやおまとめローンの利用や、債務整理が挙げられます。

金利の低い会社に借り換えたり、複数の借金を一本化することで適用金利を下げて、返済負担を減らすことも可能です。


借り換えやおまとめローンを利用しても、借金返済のメドが立たない時は、債務整理を検討してみましょう。

債務整理の中にも任意整理や個人再生、自己破産といった種類があるので、弁護士と相談しながら自分に合ったものを選択するのが良いです。

<関連記事>:消費者金融におまとめローンを活用!NGなこと・審査上の注意点

いくらお金に困っていても、ヤミ金から借りることだけは避けましょう



多重申し込み(申込ブラック)になってしまった!審査に通る方法は?

多重申し込み(申込ブラック)になってしまった!審査に通る方法は?

多重申し込みは多重債務ほどではないですが、審査にマイナスの影響を与えます。

以下では、申込ブラックでも審査に通る方法を見ていきます。

次の申し込みまで半年空ける

多重申し込みをした人は、新たなカードローンの申込みまで半年空けた方が良いでしょう。

上でも説明したように、信用情報機関に登録された申込履歴は6ヶ月で消滅します。


履歴の削除は不可能なため、申込ブラックが解消されるには、時が経つのを待つしか方法はありません。

申込履歴が消えるまで、自分が審査に落ちた原因を探り、現在の借入状況を整理するなどの対策をとりましょう。

<関連記事>:審査なしのカードローンってあるの?

信用情報機関の申込履歴は半年で消えますが、各社で申込情報を半永久的に保管しているので、6カ月経った後でも、一度審査に落ちた会社に申し込むのは控えましょう

一つでも借入先を減らす

新規の申し込みを6か月控えて申込ブラックが解消されたとしても、審査に通るとは限りません。

すでに複数の会社から、借入をしている場合です。


この場合は新規の借入は一旦あきらめ、現在の借入先を減らすことに専念してください。

借入先を減らすことに成功すれば、審査に通る可能性が上がります。


返済計画を見直したり、借り換えローンを利用して、借入先を少なくしましょう。

中小の消費者金融なら、借りられる可能性も

大手消費者金融で借入ができない時、中小の消費者金融であれば融資を受けられるケースがあります。

中小の消費者金融は、大手とは異なる審査基準を採用しており、個人の状況に合わせ、柔軟に貸し付けを行っています。


ただほとんどの場合、大手よりも金利負担が大きく、借入までの手続きが不便です。

また中小の消費者金融も、総量規制の範囲内で融資を行っているので、希望通りの金額を借りられない可能性もあります。


カードローンの申込みの際には、本当に借りる必要があるのか、もう一度考えてみてください。

<関連記事>:中小大手の消費者金融、全国35社の金利・即日の一覧表

中小の消費者金融の中には、似た名前のヤミ金業者が紛れ込んでいるケースがあるので、借入する前に貸金業登録を行っているかチェックしましょう


以上、多重申し込みについて解説しました。

多重申し込みの明確な定義はありませんが、審査に影響があることは確実です。


カードローンの申し込み先は、いくつかの会社を比較した上で、なるべく1社に絞るようにしましょう。


この記事のまとめ
  • 明確な線引きはないが一般的に、1ヶ月の間に3社以上申し込むと、多重申し込みになると言われている
  • 多重申し込み(申込ブラック)と見なされると、キャッシング審査に通りづらくなる
  • 申込履歴は信用情報機関に保管され、金融機関などで共有される。保管期間は6ヶ月間
  • カードローンの申込みは基本的に1社に絞り、すでに契約している会社がある場合は、まず増枠を申請してみる
  • 多重申し込みになった場合は、半年経ってから新規のカードローンを申し込む


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む




検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。