キャッシングとは?元銀行員がカードローンとの違いを解説

新しくクレジットカードを作る時などに、「キャッシング」という言葉を見かける機会が多いはずです。

聞いたことはあっても、正確な意味を知らないという人もいると思います。


またキャッシングと合わせてよく聞く言葉に、「カードローン」があります。

ではキャッシングとカードローンは、何が違うのでしょうか?

ここではキャッシングの基本知識や、利用時の注意点について解説します。


キャッシングとは?キホンを解説

キャッシングとは?

キャッシングとは?

キャッシングとは、「数日から数ヶ月の短期間、保証人なしに個人が小口で借入すること」を指します。

明確な定義がある訳ではありませんが、ここで言う小口の借入は、10万円から50万円程度の借入を指すことが多いです。


キャッシングは、借入先によって以下の三タイプに分けられます。

  • クレジットカード系キャッシング
  • 銀行系キャッシング
  • 消費者金融系キャッシング


このうちキャッシングの借入先として最も一般的なのが、クレジットカード系キャッシングです。

利用しているクレジットカードのキャッシング機能を使って、ATMや銀行振込で借入を行うことを指します。


銀行系キャッシングとは、銀行カードローンを利用しての借入を指します。

また消費者金融系キャッシングとは、消費者金融カードローンを利用した借入を指します。


先に説明した通りキャッシングと言う言葉は、クレジットカードと関連づけて説明されることが多いです。

ですので以下では、キャッシングを「クレジットカードのキャッシング」という意味で使います


ただし最近は単に「お金を借りる」という意味で、「キャッシング」という用語が使われる場合も多いです。

たとえば、カードローンを利用した借入を「カードローンでキャッシングをする」と表現する人もいます。


先ほどのキャッシングの3タイプの分類は、こうした点を意識しております。

<関連記事>:カードローンとは?わかりやすく解説!

キャッシングは個人の借入を指す言葉で、法人(会社)の借入では使われません

クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードで使える限度額は、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つから成ります。

ショッピング枠は購入商品の代金をカード会社に立て替えてもらう際の限度額で、クレジットカードの基本サービスです。


一方のキャッシング枠は、カード会社からの借入枠のことです。

それぞれの利用枠の範囲内で、ショッピング・キャッシングを利用できます。


上で見たクレジットカード系キャッシングとは、このキャッシング枠を使って借入を行うことを指します。

カードローンとは?

カードローンは、金融機関から無担保融資を受けるためのローン商品です。

原則として、ローンカードが発行され、ATMなどから借入ができます。


カードローンは借入先によって、以下の2種類に分かれています。

・消費者金融カードローン
・銀行カードローン



消費者金融カードローンは、消費者金融が提供するローン商品の一つです。

審査スピードの早さが魅力で、即日融資にも対応しています。


銀行カードローンは、銀行が貸主となるカードローンです。

即日融資には対応していませんが、消費者金融よりも金利が低いのが魅力です。

<関連記事>:消費者金融とは?分かりやすく解説

後で見るように使い勝手だけならカードローンが上ですが、世間的なイメージはクレジットカードの方が上です



クレカのキャッシングとカードローン、何が違うの?

クレカのキャッシングとカードローンは、どちらもお金を借りる手段ですが、違いもあります。

5つのポイントで、両者の違いを見ていきます。

1. 返済のタイミング

キャッシングとカードローンの違い、返済タイミングや返済方法

1つ目の違いは、返済のタイミングです。

カードローンは、分割して毎月少しずつ返済する方法を採用しています。

返済計画を立てやすく、毎月の返済負担も少なくなります。


一方クレカのキャッシングは、翌月一括払いが基本なので、一度にかかる負担が重くなりがちです。

ただし最近ではキャッシングでも、分割払いやリボ払いを選択できるケースも多いです。


分割払いなどは返済期間が伸びる分、カード会社の金利収入が増えるので、こうした対応が増えつつあります。

<関連記事>:借金返済ができない場合、どこに相談すれば良い?

カードローンは月々の返済負担が少ないですが、その分返済が長引きやすく、利息支払いが増えるリスクもあります

2. 返済方法を選べるか

カードローンだと会社によって条件は異なりますが、引落し以外に振込やATMでの返済が選べます。

「返済忘れが不安だから引落し」、「通帳に履歴を残したくないからATM」というように、自分に合った返済方法を選択できます。


一方のキャッシングの場合は、原則として口座引落しです。

ただし繰り上げ返済をする際は、振込やATM返済にも対応しています。

3. 金利・手数料

キャッシングとカードローンの違い、金利・手数料

カードローンの金利は銀行で年率3~15%、消費者金融で年率5~18%と、かなり幅があります。

これは限度額を増やすほど、金利が低くなる仕組みを採用しているからです。


一方のキャッシングの金利は年率15~18%程度となっており、カードローンよりも高めです。

またカードローンと違い、借入枠を増やしても金利は下がりません。


借入先や審査状況にもよりますが、一般的にカードローンの方が低金利で借入できることが多いです。

さらにキャッシングの場合、ATM手数料が発生します。


借入金額が1万円以下の場合は110円、1万円超の場合は220円です。

ですがエポスカードのように、ATM手数料が一切かからないカードもあります。


一方カードローンの手数料は、基本的に無料です。

ただし銀行カードローンの場合、平日以外など時間帯によっては110円~220円の手数料が発生する場合があります。


消費者金融も自社ATM以外を利用すると、手数料が発生します。

<関連記事>:消費者金融の金利相場は?金利はどうやって決まるの?

カードローンの手数料はカード会社によって規定が異なるので、ホームページなどを確認してみてください

4. 借入限度額

カードローンの場合、10~800万円(多いところは1000万円)の幅で限度額を設定できます。

まとまった金額を借りたいなら、カードローンが便利です。


キャッシングの限度額は、5~200万円(多いところは300万円)の間です。

以下のようにカード会社によっては、最大限度額が高めに設定されています。

カードの種類 キャッシングの最大限度額
オリコカード 100万円
楽天カード 100万円
JCBカード 100万円
ライフカード 200万円
イオンカード 300万円
ACマスターカード 300万円


ただし最大限度額を申請して場合でも、審査の結果、希望額より減額されてしまうケースが多いです。

実際のところは、50万円以内で設定されることがほとんどです。

5. 海外で利用できるか

クレジットカードは海外で利用できる


クレジットカードの強みの1つが、「海外キャッシュサービス」です。

国内で借入するのと同様に、海外のATMでいつでも現地通貨を引き出すことが可能です。


もちろん利息が発生しますが、外貨両替手数料を支払うよりも、お得に現金を手に入れられる可能性があります。

一方カードローンは、海外では利用できません。

必要なタイミングでお金を引き出せるので、不用意に大金を持ち歩いて盗難などに遭うリスクもなくせます



クレジットカードのキャッシングの注意点は?

ショッピング枠を利用した分、使えるキャッシング枠が減る

上でも触れたように、クレジットカードには総利用可能額が設定されており、ショッピング・キャッシングはこの範囲内でしか利用できません

仮に総利用可能額・ショッピング枠・キャッシング枠が、以下の金額だったとします。


・総利用可能額:50万円
・ショッピング枠:50万円
・キャッシング枠:30万円



この時ショッピングに40万円使ったあとに、キャッシングで30万円の枠を使おうと思っても、満額を使うことはできません。

というのもカードの総利用可能額は50万円と定められており、すでに40万円をショッピングで使っているので、残りが10万円しか残っていないからです。


キャッシング枠の考え方

当然逆のケースもあります。

キャッシングに10万円使ってしまうと、残りの利用枠は40万円となるため、ショッピングは50万円でも、利用できるのは40万円までです。


ショッピング枠を限度額いっぱいに利用すると、キャッシング枠を満足に使うことが出来なくなります。

<関連記事>:クレジットカードのキャッシングとは?気を付けるべき点は?

上の例でも分かる通り、ショッピング枠に較べてキャッシング枠を広げることに、カード会社は積極的ではありません

不正利用されても補償がない

どのクレジットカードにも、万が一の不正利用に備えて盗難保険が付いています。

ただしこれが適用されるのはショッピング枠のみで、キャッシング枠には補償がありません


キャッシングの利用には暗証番号の入力が必要なので、不正利用の可能性は極めて低いと考えられているからです。

カードを盗まれてキャッシングを不正に利用される可能性は低いといっても、暗証番号が推測しやすかったりすれば、取り返しのつかない被害に遭う可能性は高まります。


使う予定のないキャッシング枠があるなら、念のために利用を停止しておきましょう。

<関連記事>:クレジットカードが不正利用されたらどうする?

審査が厳しい

クレジットカードのキャッシング審査は厳しい

クレジットカードのキャッシング機能を使うには、カードを作る際にキャッシング枠の申請をします。

ただしショッピング枠に比べて、キャッシング枠の審査は厳しいです。


ショッピング枠の審査に通っても、キャッシング枠の審査に落ちてしまうケースも少なくありません。


キャッシング審査では、勤続年数・年収・他者借入状況などを点数化した上で、限度額(=キャッシング枠)が設定されます。

安定継続収入が必要になるので、勤務先や勤務年数がかなり重視されます。


また申込みの際には希望額を申請しますが、審査に通っても限度額が希望額より少なく設定されるケースもあります。

限度額を増やすには、再度審査を受ける必要があります。


クレジットカードの審査期間は会社によって違いますが、10日から2週間ほど掛かる場合が多いです。

ただしキャッシング審査をしなければ、これよりも短い期間でカードが発行されます。

<関連記事>:クレジットカードの審査期間は?分かりやすく解説!

使い勝手が良くなく、利用者が少ない

上で見たように、クレカのキャッシング審査は時間がかかります。

カードローンに比べて金利も高いなど、使い勝手はあまり良くありません。


実際クレカの利用金額の内訳は、ショッピング利用が96~97%を占めており、キャッシング利用はわずか3%ほどです。


あくまでもクレカを持つ目的は買い物とポイントを溜めるためであり、キャッシングをする人は海外と比べても極めて少ないです。

<関連記事>:クレジットカードの仕組みとは?メリット・デメリット

ショッピングの利用額は増えていますが、キャッシング利用額は横ばい状態で、利用額に占めるキャッシングの割合は少しずつ減ってきています



クレジットカードとカードローン、キャッシングにオススメなのは?

ここまでキャッシングの特徴やメリット、利用上の注意点を見てきました。

ではクレジットカードとカードローンでは、お金を借りるのに、どちらがオススメなのでしょうか?

場面ごとに、オススメを見ていきます。

事故情報の登録がある人は、そもそもキャッシングできない

延滞や債務整理によって事故情報の登録がある人は、そもそもキャッシングができません

事故情報が残っている最低5年間は、クレジットカードやカードローンを問わず、一切の借入ができません。


また新規の借入ができないだけでなく、使用中のカードローンやクレカも止められる場合が多いです。

事故情報は残っているけどクレカで買い物したい方は、デビットカードで代用できます。ただ買い物の度に、利用分が口座から即時に引き落とされます

クレジットカードをすでに持っている人

クレジットカードを持っており、なおかつキャッシング機能を設定している人は、クレカでのキャッシングが便利です。

新たな申込の手間がかからず、たった数分でATMから借入ができるのが魅力です。


ただし注意点としては、金利が15~18%と高いので、一括で返済できる少額の借入にとどめておくのが良いでしょう。

海外でキャッシングしたい人

海外キャッシングしたい人はクレジットカードがおすすめ

海外で借入をしたい人は、クレジットカード一択です。

もちろん借入枠の範囲内ですが、ATM等でキャッシングが可能です。


できるだけ現金は持ち歩かず、必要になった時にその場で用意したい方にオススメです。

そもそも海外では日本以上にクレジットカード決済が浸透している国が多く、海外旅行でクレカは必須と言えましょう。

初めて借入をしたい人

クレジットカードもカードローンも持っていないけれど、初めてキャッシングをしたい人はカードローンがオススメです。

クレカでのキャッシング審査に1~2週間程度かかるので、急な出費には対応できません。


さらに審査が厳しいため、待たされた挙句に審査に落とされたら、目も当てられません。

一方のカードローンは、審査・融資の早さが魅力です。


特に消費者金融は即日借入にも対応しており、申込みから融資まで最短1時間で完了します。

<関連記事>:消費者金融のおすすめランキング!

初めてでも銀行カードローンであれば、世間的な印象も良く、利用時の心理的ハードルも低いはずです

金利を抑えたい人

クレカのキャッシングの金利が15~18%で固定であるのに対して、銀行カードローンは3~15%、消費者金融で年率5~18%と、金利に幅があります。

カードローンは限度額を増やすと適用金利が下がるので、金利を抑えたい人にはオススメです


また大手の消費者金融には、無利息サービスがあります。

初回契約につき1ヶ月間利息ゼロになるので、さらにお得な借入が可能です。

<関連記事>:無利息期間のあるカードローンの選び方

クレジットカードとカードローンでのキャッシング比較

最後に、クレジットカードとカードローンのキャッシングの特徴を、下の表にまとめました。

クレジットカード カードローン
返済のタイミング 翌月一括払い 分割払い
返済方法 翌月一括払い
(分割払い・リボ払いも一部対応)
口座引落し
振込み
ATM
金利 15.0%~18.0% 銀行:3.0%~15.0%
消費者金融:5.0%~18.0%
借入限度額 5~100万円程度 10~800万円程度
海外利用 ×

上でも見たように、クレジットカードのキャッシングは翌月一括払いが基本ですが、最近では分割払いやリボ払いにも対応してきています。

上では取り上げてませんが、カードローンは借金したという意識が明確なのに対し、クレカは気が付くと利用額が膨らんでた、といった事態になりやすいです


ここまでキャッシングの基本と、利用時の注意点などについて見てきました。

クレジットカードとカードローンにはそれぞれ特徴があり、借り手の状況によってオススメできるキャッシング方法は変わります。

メリット・デメリットを見極めて、自分にピッタリの借入方法を見つけてください。


この記事のまとめ
  • キャッシングとは、小額を短期間、保証人不要で個人が借りること
  • キャッシングの借入先としてクレジットカードが一般的だが、カードローンの場合もあり
  • クレカのキャッシングは海外でも利用できるが、金利条件などはカードローンの方が良い
  • クレカのキャッシングは審査が厳しく、不正利用された時の補償がない
  • クレカのキャッシングは使い勝手が良くなく、利用者も少ない


あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。キャッシング初心者のため、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。