千葉銀行カードローンの申し込み・利用の注意点は?

「千葉銀行カードローン」は、千葉銀行が提供する銀行カードローンです。

千葉銀行と取引の多い人で、銀行カードローンの利用を検討してる人なら、聞いた事のある人もいるかもしれません。


ただサービス内容かよく分からず申し込むのは、やはり抵抗がありますよね。

今回は、千葉銀行カードローンの基本データを説明し、その魅力や利用上の注意点を解説します


千葉銀行カードローンの借入・申込条件は?基本データを詳しく説明!

千葉銀行カードローン

「千葉銀行カードローン」は、千葉銀行が提供する個人向けの無担保・無保証のローン商品です

ここでは申し込み条件や、借入条件など紹介します。

借入条件

千葉銀行カードローンの借入条件は、以下の通りです 。

金利(年率) 最大の契約額 WEB完結取引
1.7%~14.8% 800万円 対応している

上限金利は年率14.8%と、銀行カードローンの中では平均的な低さです。


契約額が50万円以下であれば、所得証明書類を提出しなくても借入が出来ます。

一方で50万円を超える借入を希望する場合は、所得証明書類の提出が必要です。


また千葉銀行カードローンでは、WEB上で取引完結できるので、店舗に来店する必要がありません

所得証明書類は、源泉徴収票や住民税決定通知書などを用意しましょう

申込条件は?

千葉銀行カードローンの利用には、以下の5つの条件を全て満たす必要があります。

千葉銀行カードローンの申込条件
  • 満20歳以上満65歳未満の人
  • 安定収入がある人(パート・アルバイトを含む)
  • 千葉銀行の営業地域内に住居、または、勤務先の所在地がある人
  • 千葉銀行の普通預金口座を持っている人
  • エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる人


審査では年収の額より、「年収と比べて、無理のない返済プランであるか」が重視されます。


そのため年収の少ないパートやアルバイトでも、借入できる可能性はあります。

とはいえ地方銀行ならでの条件もあります。


利用対象者は、千葉銀行の営業地域内に居住地や勤務先がある人に限られています。

またこのカードローンの利用を希望する場合、千葉銀行の普通預金口座を持っている必要があります


口座がない方はカードローンの申込時に、千葉銀行の口座開設の申込も同時に行う必要があります

 千葉銀行カードローンの公式HPはコチラ

申し込み条件の対象地域とは?

申込条件にあったように、「対象地域」に住んでいる、または勤めている人のみが千葉銀行カードローンを利用できます

インターネット支店の場合、対象地域は千葉県・東京都・茨城県・埼玉県の全域と、神奈川県横浜市、川崎市のみです。


インターネット支店での取引でない(=実店舗での取引の)場合、さらに地域が限られ対象者は少なくなります。

対象地域は、千葉県と茨城県が全域、東京都と埼玉県は一部地域での居住・勤務の方に限られ、神奈川県はインターネット支店と同じで横浜市と川崎市のみになります。

<関連記事>:地方銀行カードローンの選び方を解説!

関東に住んでいるか勤めていないと、千葉銀行カードローンを利用できません

申し込みのための必要書類

申込で必要な書類には、1. 本人確認書類のコピー、2. 所得証明書書類のコピー(50万円を上回る契約額を希望する方のみ)の二点があります。

本人確認書類では、以下のいずれか1点のコピーを提出します。

千葉銀行カードローンの申込みで必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証等
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人の場合)



50万円を超える契約額を希望する方は、所得証明書書類は提出も必要です。

所得証明書書類では、以下のいずれか1点のコピーも提出しましょう。

千葉銀行カードローンの申込みで必要な所得証明書書類
  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書 第一表(収入を確認できる頁)など


千葉銀行カードローンの必要書類は基本的にこれら2点ですが、場合によっては他の書類も必要になります。

申込方法

千葉銀行カードローンは、以下の方法で申込めます。

千葉銀行カードローンの申込方法
  • パソコンかスマホ(ネットで)
  • 電話
  • FAX
  • 郵送


早く借入したい方に、ネットでの申込がオススメです。

というのもネットで申し込むと、必要書類をWEB上で提出でき書類の郵送が不要だからです。


郵送にかかる時間が短縮されれば、その分早く借入が出来ます。

その他の申込方法ではFAXまたは、郵送で必要書類を提出します。


ネット以外での申込をする方で早めの借入を希望する場合、FAXで書類を提出すると良いでしょう。

FAXなら郵送ほど、時間が掛かりません。

返済方法

千葉銀行カードローンの毎月の返済方法は、自動引き落としのみです。

引き落としの額は、返済日前日の借入残高に応じて決定されます。


具体的に残高10万円以下で2,000円、10万円~20万円までで4,000円、20万円~30万円以下で6,000円などと、借入残高が高ければ月の返済額も大きくなります。

自動引き落としの返済は、毎月1日(銀行が休業日の場合は、翌営業日)に行われます。


月々の返済の他に、繰上げして返済する方法もあります。

繰上げ返済なら、提携ATMや振込にも対応しています。

ボーナスなどが入ってお金に余裕のある月に、繰上げ返済をすると良いですね

千葉銀行カードローンのプレミアムクラスって?

上で紹介したのは、千葉銀行カードローンの「クイックパワー」と呼ばれるプランです。

これとは別に、年収600万円以上の方に向けた「プレミアムクラス」と呼ばれるプランもあります


プレミアムクラスの借入条件は、以下の通りです。

金利(年率) 契約額
3.8%~5.5% 300万円~500万円

高収入の方で500万円以下の借入を希望する場合、プレミアムクラスを使いましょう。

プレミアムクラスなら、通常のカードローンより金利はやや低めです。


ただし申込条件や審査は厳しく、対象者(たとえば同一勤務先に3年以上勤務されている方で、安定継続した年収が600万円以上ある方など)限られます。

このためプレミアムクラスが対象となる人は、極めて少ないと思われます。


以下では、千葉銀行カードローンの「クイックパワー」に限定して紹介します。

 千葉銀行カードローンの公式HPはコチラ



千葉銀行カードローンの魅力は?詳しく解説!

ここまで千葉銀行カードローンの借入・申込条件などの基本データを見てきました。

以下では、千葉銀行カードローンの魅力について詳しく解説します。

1. 来店不要で契約が完了する

先ほども述べた通り千葉銀行カードローンでは、ネット上の申込なら来店不要で借入できます

必要書類もネットで提出するため、郵送の必要がありません。


また契約後ローンカードが郵送で届くまでの間は、電話で借入を依頼すれば振込でお金を借りられます。

<関連記事>:Web完結(スマホ完結)のカードローン!選ぶならどれ?

2. 契約額が50万円以下なら所得証明書が不要

千葉銀行カードローンのメリットとして、契約額が50万円以下なら所得証明書が必要ない点が挙げられます

一般的に契約額が高いほど審査は厳格に行われ、審査や手続きに時間が掛かります。


一方で契約額が少なければ、その分審査に掛かる時間も少なくなります。

千葉銀行カードローンでは50万円以下の少額融資だと、提出する証明書類が減り手続きの時間が短縮できます。


「少額のお金が直ぐに必要になった!」という方に、このカードローンを利用するのも良いかもしれません。

所得証明書類の提出では、源泉徴収票や住民税決定通知書などを用意しましょう

3. 自動融資サービスがある

「自動融資サービス」に対応しているのも、千葉銀行カードローンのメリットの一つです

自動融資サービスとは公共料金などの引き落としの際に、預金残高が不足している場合、その不足分を自動的に融資するサービスのことです


こうしたサービスに対応しているのは、カードローンの中でも珍しいです。

これなら料金の支払を忘れていても、勝手に引き落としてくれるので支払い遅れを防げます。

 千葉銀行カードローンの公式HPはコチラ



千葉銀行カードローンの審査・利用時の注意点は?

1. 対象は関東の一部地域に住んでいる、または勤めている人のみ

先ほども述べた通り、千葉銀行カードローンの利用対象者は、関東の一部地域に住んでいる、または勤めている人のみです。

言い換えると、対象地域に居住または勤めていない人は、千葉銀行カードローンを利用出来ません


借入を希望する方は、まず自分が対象地域に住んでいるかを確認しましょう。

対象地域に住んでいない、または勤めていないのに申込してしまうのを避けるためです。

その他の地方銀行のカードローンでも、千葉銀行カードローンのように対象地域が限られている場合があります

2. 借入まで時間が掛かる

千葉銀行カードローンでは、即日融資ができないのは勿論、借入まで時間が掛かります

まず銀行カードローンの審査では、翌営業日以降に(長いと2週間後に)審査回答が返ってきます。


ただ、これは千葉銀行に限らず、どこの銀行カードローンでも同じです。

また千葉銀行カードローンでは二段階に分けて審査が行っており、審査終了から借入までも時間が掛かります。


さらに千葉銀行カードローンの利用では、千葉銀行の口座を持っていることが必須です 。

口座がない場合、カードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みが必要で、これに最短でも1週間ほど掛かります。


他にも契約後にATMでの借入を希望する場合、ローンカードが郵送で届くまで待つ必要があります。

今すぐにお金が必要な方は、即日融資に対応している消費者金融を利用しましょう。

<関連記事>:来店不要で即日融資を受けたい!対応するカードローン

3. 千葉銀行の口座が必要

上でも述べた通り千葉銀行カードローンでは、契約の手続きが終わるまでに千葉銀行の口座が必要です。

口座開設の申し込みは、ネット上(スマホアプリやWEB上)や店頭などで出来ます。


スマホアプリからの申し込みなら運転免許証を持っていれば、郵送なしで1週間程で口座開設を出来ます。

一方WEB上での開設申し込みだと書類の郵送が必要で、口座開設まで更に時間が掛かります。


ただし銀行のキャッシュカードの受け取り方法は、店頭と郵送の2つがあります。

店頭だと口座開設後に即日キャッシュカードを発行して貰える場合もありますが、発行不可だとキャッシュカードが郵送で届くまで待つ必要があります。


要するにどの方法も手間が掛かり、口座開設まで1~2週間程かかると思って良いでしょう。

<関連記事>:銀行カードローンのデメリット(危険性)とは?

口座開設をなるべく早く済ませたいなら、スマホアプリからの申込がオススメです

4. 返済方法が、引き落としのみ

千葉銀行カードローンの毎月の返済方法は、自動引き落としのみなので不便です。

毎月の返済方法が限定されているのは、他のカードローンと較べても珍しいです。


なおATM・振込が出来るのは、繰り上げ返済のみとなります。

5. 借り過ぎのリスクがある

千葉銀行カードローンでは自動融資サービスが原因で、借り過ぎてしまうリスクがあります。

自動融資サービスは一見すると便利なサービスですが、これが原因で借入金額が契約額まで膨れ上がるリスクがあります


安易に契約額を増やした場合、自動融資サービスで気が付くと借入額が増えて、後で返済に苦しむ可能性が高いでしょう。

自動融資サービスに対応しているカードローンは珍しいので、他のカードローンに比べて、借り過ぎのリスクがあります




以上、千葉銀行カードローンの基本データや、その魅力、利用上の注意点を説明しました。

対象地域に住んでいるまたは、勤めている方は、千葉銀行カードローンの利用してみても良いかもしれません。


ただし焦って借りるのは禁物で、借入の前にはきちんと返済計画を立てましょう。

 千葉銀行カードローンの公式HPはコチラ


この記事のまとめ
  • 千葉銀行カードローンの金利(年率)は1.7%~14.8%で、最大の借入額は800万円
  • 申込条件は、安定収入があり(パート・アルバイトを含む)、千葉銀行の営業地域内に住居、または、勤務先の所在地がある人
  • 魅力は来店不要で借入できる点や、契約額が50万円以下なら所得証明書が必要ない点
  • 利用上の注意点は、千葉銀行の口座が必要な点、返済方法が引き落としのみの点
  • 自動融資サービスは口座残高が不足の場合に自動で補てんされて一見便利だが、借入が膨らまないよう注意すること


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >

(※当社調べによる)

このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。